9/30(日)は二子玉川で多摩川の未来を語ろう!【新二子橋橋脚落書き落とし&トークショー】

兵庫橋からみた二子玉川の水辺

 二子玉川は水辺のまち。最大の自然資産である多摩川とその水辺がもっと地域の人や訪れた人、働く人々にとって憩いの場として活用されるようにはどうしたらいいのでしょう?

 一方で、河川と水辺は公共空間であり、使用にはルールがあります。ルールを守りながらも、広々とした野外の空間でやってみたいこと、発信したいこと、生み出してみたいこと・・・そんなアイデアを出し合って語り合って、実現するための知恵をお互いに絞り合うような交流の場をつくりたい。・・・ということで、地域のまちづくり団体「二子玉川エリアマネジメンツ」が企画しました!

 9月30日(日)午後1時からは、新二子橋の落書き落とし。ただ落とすだけではなくて、「グラフィティ」は本当にアートなのか、落とした後のスペースを広大なメッセージボードとして捉えた時、どのように活用することで「公共インフラ」である橋脚のポテンシャルが高まるのか。そして、落書きとまちの防犯「安心安全」との関係などを話し合いながら作業します。途中、コーヒーでいっぷくタイムもありますよ。

 午後4時30分からは、落書きを落とした橋脚壁面を生かして多摩川に関連するムービーを投影します。そして、実際に多摩川で活動されている方々、水辺でさまざまな企画を実施しチャレンジを続けている方々の経験を語っていただきます。同時に、水辺活用や公共空間そしてまちづくりの専門家に全国の事例などを明かしていただきながら、「やりたいことを実現するためのTips」を会場で共有します。こちらは同じ二子玉川兵庫島公園内で同日開催のイベント「二子玉川水辺茶会」と「Tamagawa Brew」のご協力をいただき、お抹茶+和菓子付きでゆったりと川風に吹かれながらのアウトドアスタイルで聴講いただけます。

 いずれも定員制で事前申し込みをお願いしています。お申し込みはお早めに!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【9/30(日)二子玉川かわのまちアクション1:新二子橋の落書き落とし隊!】
二子玉川駅周辺の多摩川河川敷は、多くの人が集い、憩う場所として平日休日を問わず、多くの人が集まる場所です。この河川敷には、鉄道や国道の橋脚がありますが、この橋脚への落書きが著しく美観を損ねていることが課題となっています。

 これまでに二子玉川の水辺をいろいろなひとが気持ちよくくつろげる空間づくりとして、護岸整備や水辺ごはん会など「かわのまちアクション」を行ってきたまちづくり団体「二子玉川エリアマネジメンツ」が、今回は国道246号の橋脚を多摩川の河川敷を愛するみんなでお掃除しちゃう試みにチャレンジ!ぜひ、お力をお貸しください。

★お申し込みは下記専用ページで承ります
 https://futakoclean.peatix.com/

2016年に有志が実施した際の新二子橋橋脚清掃

主催:二子玉川エリアマネジメンツ/NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク/2018多摩川河川敷活用実行委員会

日時:2018年9月30日(日)13時~16時 ※雨天中止

場所:新二子橋 橋脚

参加:最大20人(要事前申込:https://futakoclean.peatix.com/
参加費:無料

【タイムスケジュール】
13:00~13:30 集合・受付ガイダンス
13:30~15:30 橋脚のラクガキ落とし作業
16:00 記念撮影、終了
   
16:00~ きれいにした橋脚に多摩川での活動の映像を投影しトークショー(橋脚清掃参加者は参加費無料)

※持ち物や服装などについてはお申込みをいただいてから2日前にメールでお知らせいたします

※ 清掃後は、きれいになった橋脚壁面へ映像を投影し、多摩川の未来を考えるシンポジウム(トークショー)を行います。清掃活動にご参加いただいた方は無料で参加いただけます(お抹茶+和菓子のおもてなし付き)。トークショーのみのご参加は別途、申込が必要になります(参加費1,000円)

【9/30(日)二子玉川かわのまちアクション2:2018シンポジウム多摩川の未来を語ろう】

シンポジウム【多摩川の未来を語ろう】フライヤー

 2016年から行っている二子玉川かわのまちアクション(※1)初の試みです!アウトドアキャンピングスタイルによる、野外でのトークショーを開催します。事前に落書きを落とした橋脚へ多摩川に関係するムービーやこの機会にしか見られない映像を投影し、多摩川の未来やその活用アイデアや希望などについて、豪華なゲストが「立場を越えてフラットに」語り合います。

 爽やかな初秋の夕暮れの水辺で、多摩川の未来についてわくわくしませんか?当日はクラフトビールのキッチンカーなども出店予定です。事前申し込み・定員制(椅子席40人)ですので、お申込みは専用ページ(https://futakotamagawatalk2018.peatix.com/)でお受けしています。お早めにどうぞ。

(※1)二子玉川かわのまちアクションは、まちづくり団体「二子玉川エリアマネジメンツ」の河川体験事業。2016年より野川護岸整備や多摩川でのマルタウグイ産卵環境づくりなどのアクションを年に3回行ってきました。

//////////////開 催 概 要///////////////////
日時:
 2018年9月30日(日)16時30分~19時30分
 ※荒天中止

場所:
 二子玉川兵庫島公園(国道246新二子橋橋脚下)

定員:約40人 (椅子席、抹茶1杯+和菓子付き)
参加費:1,000円(当日会場で支払い)
 ※当日会場にはドリンクやフードを提供するキッチンカーも来場予定です(キャッシュオンでの購入となります)

詳細・申込方法:
 Peatixページで登録手続きをお願いします。
 https://futakotamagawatalk2018.peatix.com/
 お申込みを頂いた方へ2日前までに詳細についてのメールをお送りいたします。

ゲストtalkers:
 (敬称略)
 藤井政人(ミズベリングアドバイザー)
 国頭正信(京浜河川事務所)
 保井美樹(法政大学教授)
 近藤俊太郎(アバンギャルド茶会)
 米沢拓繁(新二子橋落書き落とし隊)
 中西修一(NPOせたがや水辺デザインネットワーク)

ファシリテーター:
 泉山塁威(東京大学助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長)

進行:
 橘たか

主催:二子玉川エリアマネジメンツ/NPO法人世田谷区せたがや水辺デザインネットワーク/2018多摩川河川敷活用実行委員会

後援:国土交通省京浜河川事務所 

特別協力:株式会社 ASTRAKHAN

タイムスケジュール:
16:00- 開場
16:35- トーク①実際に活動している方々に聞く「多摩川の未来」
17:35- かわのまちアクションムービー上映
17:55- トーク②川とまちと人々~産官学民子~
18:25- The Oddyssey of TAMARIVER上映
18:55- トーク③水辺と社会の新しい関係を創り出すために
19:30 閉会

野外シンポジウムのイメージ

橋脚投影の様子

投稿者: こばなお

二子玉川まちメディア「futakoloco 」編集長。玉川町会事務局職員。二子玉川カヌー部部員。多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住14年。座右の銘は名前の通り”straight from the gut”。2018年は「二子玉川列伝」の執筆に取りかかります!