【リレーコラム①】11/3 二子玉川グリーンウォークツアー:グリーンウォーク!って

11月3日に開催される「二子玉川グリーンウォーク」のディープな裏話を暴露していく(らしい)、リレーコラム。第1回から、最もディープなところをご紹介。

二子玉川と言えば、最近、オシャレな街として注目を浴びているようで、もちろん、今回のグリーンウォークでもfutakolocoの「オシャレ担当ヨーコ」を全面押しで企画。でも、髙島屋さんしかなかったころから二子玉川に生息していたlocoたちの案内する二子玉川には、オシャレ+αが。
二子玉川の素敵なところは、ちょっとオシャレな品のいいまちだけど、多摩川や、国分寺崖線といった、豊かな自然に恵まれているところ。水と、樹のある街は、吹く風、空気が、ほかの街と違います。

今回は、「グリーンウォーク」ということで、多摩川(ブルー)の方は、二子玉川ライズのルーフガーデンにある「多摩川生きもの水族館」のご紹介だけですが、国分寺崖線(グリーン)は、世田谷区の公園「瀬田四丁目旧小坂緑地」から、「静嘉堂文庫美術館」の岩崎廟を見たり、崖線を下って湧水の流れる丸子川沿いをウォーキングという、まさに「グリーン」満喫。
ヨーコちゃんの美ウォーキングを教わりながら、水辺女子のmikiから、生きものの話や、樹やお花についての解説も聞けます。
美ウォークの合間に、世田谷区の有形文化財「旧小坂家住宅」で、とっておきオリジナル和菓子「ハナミズキ」をいただく。そんな素敵な秋の一日、ご参加お待ちしてます!

二子玉川ライズルーフガーデンの「多摩川生きもの水族館」ここのお魚たちは、二子玉川駅を降りてすぐそこの川でスカウトしてきた子たち。

 

水族館のお魚のお世話をしている水辺女子miki.水族館からまちあるきに同行、国分寺崖線の自然の解説をします。

 

コンサートなどのイベントも行われる瀬田四丁目旧小坂緑地を美ウォーク。(歌っているのはKanAsami)

 

世田谷区の有形文化財旧小坂家住宅で休憩します

 

「どうぞのごはん」♯14和菓子の会のご紹介をしたママ和菓子職人のオリジナル「ハナミズキ」ういろう

 

リレーコラム、次のlocoは誰かな?

投稿者: ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。