【コラム:ココロを扱うお仕事です】#2 ニコ・ドライブ

 車椅子の利用者で自動車の運転をされる人は、気軽にレンタカーを借りてドライブを楽しむことはできるでしょうか?
 
 実は、ほとんどの場合、乗ることができません。レンタカーには、「手動操作装置」が設置されていていないからです。

 両足での、歩行や自由な運動に制限がある人は、車椅子を利用して手を使うことで移動しているわけです。同じように、自動車に乗車し運転操作をするには、障害のない人であれば足で操作を行う「アクセル」「ブレーキ」を手で行う必要があります。そのために「手動操作装置」が搭載された車でなければならないのです。

 「手動操作装置」の多くは右手でハンドルを操作し左手でアクセルとブレーキを操作する仕組みになっています。左手を前方へ押すとブレーキ、後方へ倒すとアクセルといった具合です。

 日本ではなかなかない手動操作装置搭載のレンタカーですが、「障害をもつアメリカ人法」(Americans with Disabilities Act)が1990年から制定されている米国では、一般的なレンタカー店で用意されていることもそれほど珍しくないのだそうです。これは、米国から帰ってきた、とある車椅子利用者の人から聞きました。

 そのような状況にあるため、国内では肢体不自由による車椅子利用者は、レンタカーの利用がほぼ不可能という状況なのです。搭載されたその装置を一切使わずに、いつも通りに手でハンドルを握り、足でアクセルとブレーキを操作することも可能であるのにもかかわらず、このような状況であるということは、「車椅子利用者を差別している」と言っても過言ではありません。コラム#1障害者差別解消法施行から間もなく1年 で書いた通り、日本では昨年4月1日より、障害者の「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求める法律が施行されているのですから。

 そのような差別状態を解消するために、株式会社ニコ・ドライブ(川崎市高津区)は手動操作装置「ハンドコントロール」を開発、製造、販売を行っています。この商品は取り外しが自由にでき、取り付け工事が不要の手動式アクセル・ブレーキ。 折りたためて小さくもなり、重さは900g。 持ち運べるからとても便利なのです。同社は少し前まで二子玉川にオフィスがあったのです。何を隠そう、私も車椅子利用者の父親へプレゼントしたのです。使ってくれているかは未確認ですが。

【参考資料】
車椅子ユーチューバー「レンタカーを借りてみた」〔#005〕
https://www.youtube.com/watch?v=wfxZHejd1SU

株式会社ニコ・ドライブ
http://nikodrive.jp/

投稿者: 大瀧 靖峰

弁護士。丸ビル綜合法律事務所(パートナー)。 2015年まで二子玉川に7年間在住(最後の3年間は二子玉川商店街に在住)。 二子玉川街情報プロジェクト「フタコロコ」の法律アドバイザー。 http://otaki-yasumine.kaisya.info/