【コラム:ココロを扱うお仕事です】♯7 JCとわんぱく相撲

少し前の話になってしまいますが、今年の5月28日、「第41回わんぱく相撲世田谷区大会」が世田谷区立総合運動場体育館(大蔵4-6-1、砧公園のすぐ近く)で開催されました。

 言わずもがな、多くの子ども達が出場する相撲の大会です。私も、このコラムを書いていて、自分が小さい頃、所沢(埼玉県)で行われた大会に出場したことを思い出しました。

 この相撲大会の主催は、「JC」という団体です。JCと言っても、女子中学生のことではありません(笑)。 正しくは、公益社団法人・東京青年会議所・世田谷区委員会だそうです。今回は、このJCという団体について、少し調べて書いてみます。
 
 JCの公式サイトによれば:

20歳から40歳まで(※)の志の高い青年経済人によって『奉仕』『修練』『友情』という三信条のもと、『明るい豊かな社会』の実現を目指す青年団体、それが青年会議所(Junior Chamber)です ※東京青年会議所の場合は25才から入会可能です
(引用ページ:http://tokyo-jc.or.jp/about_tjc/jci

 ということは、私のコラム #5二子玉川公園「かたらいのいす」ロータリーの椅子で紹介した「ロータリークラブ」と社会奉仕という点で、同じような設立趣旨を持つ団体ですね。そして、ロータリークラブよりも、メンバーは若い。40歳を過ぎて、JCを卒業した後に、ロータリークラブに入る人も多いようです。公益を目指す団体ということで、このコラムでもご紹介しました。

 このような公益社団法人が、少子化が心配される子ども達を応援するために、開催するわんぱく相撲大会!世田谷区のちびっこ諸君は、自己研鑽と度胸付けのために、ぜひ、来年のわんぱく相撲に出場していただきたいのであります!

投稿者: 大瀧 靖峰

弁護士。丸ビル綜合法律事務所(パートナー)。 2015年まで二子玉川に7年間在住(最後の3年間は二子玉川商店街に在住)。 二子玉川街情報プロジェクト「フタコロコ」の法律アドバイザー。 http://otaki-yasumine.kaisya.info/