フルタニDのプチ街歩き睦月26日「”見えない危険”が見えてくる」の巻き

こんにちは、フルタニです。

寒気の影響で日本海側は雪模様。

1月26日土曜日のライズ広場も薄曇りで気温が上がりません。

そんな中、ライズ広場で開かれたのはセーフティグッズ=安全グッズの展示会です。

子ども服におもちゃ、文房具に靴。自転車に家電。

会場には約100点のセーフティグッズが並びました。

一口に安全グッズといっても扱うジャンルは生活全般にわたります。

『セーフティグッズフェア/みる・しる・さわる展』は、

安全な生活のため、子ども視点でデザインされた優れたグッズや、お役立ち情報などを展示する催しです。

主催したのはキッズデザイン協議会。

企業が開発したセーフティグッズの認証活動が仕事の特定非営利活動法人です。

商品自体のユニークさもさることながら、展示された商品をつぶさに見ていくと、

ふだん見過ごしがちな些細なことの中に様々な危険が潜んでいることに気付かされます。

子どもが乗り出せないように手すりの位置を工夫したベランダ。

割れない文房具。

子どもが持ち歩く文房具も使い方次第では危険です。

破片でケガをしない文房具は子どもの事故を防ぎます。

こちらの子ども服の特徴は簡単に外れるファスナー。

フード付き衣服は遊具等に引っかかる危険があるとして、

着用が禁止されるケースが増えています。

過重をかけるとファスナー自体が外れる工夫で活動しやすい服装を実現しました。

従来の固いヘルメットにはない手触りを実現した保護帽。

機能性に特化した商品は宣伝に力を入れたからといって、売れるものではありません。

必要としている人に知ってもらうには

派手とは言えませんが、ない商品なので、広告もむつかしそうです。
しかし、コンセプトにブレがないだけに、集まることで強いエネルギーが生れることがわかります。
見えないものが見えてくる。公共性を感じさせられたフェアでした。


東京都世田谷区玉川2-21-1

名称
二子玉川ライズ ガレリア
所在地
東京都世田谷区玉川2-21-1
  • 9
  •  
  •  
  •  
  •  
    9
    Shares

投稿者: 古谷 健治

元テレビディレクター。世田谷八幡山で生まれ、多摩川を挟んだ中原区で育ちました。現在あざみ野在住。