6/1(木)から玉川高島屋S・Cで「和菓子の日フェア」 特別な和菓子やコーディネート食器を販売

 「和菓子の日」をご存知ですか?平安中期から明治時代まで、健康招福を願って「嘉祥の日」である【6月16日】に和菓子を食べる行事があり、この日を「嘉祥の日」と呼んでいたそうです。これを現代に復活させたのが「和菓子の日」で、1979(昭和54)年に全国和菓子協会によって記念日に制定されました。

 玉川髙島屋S・Cでは、この「和菓子の日」記念日にちなみ、この期間にしか入手できない特別な和菓子の販売などを行う「和菓子の日フェア」を毎年開催しています。今年は6月1日(木)~16日(金)の期間、地下食料品フロアの14の和菓子店で和菓子を販売するほか、2017年の新企画として、雑貨店とコラボした和菓子を引き立たせる器を提案。また和菓子の日当日には、本館1Fグランパティオの特設会場にて、宗徧流時習軒十一世家元の細田宗栄氏によるお茶のお点前披露を行い、無料でお饅頭とお茶をお客様に提供するそうです。歴史ある和菓子の文化を体感するこの記念日を、ぜひ玉川髙島屋S・Cで楽しまれては?

/////////////////////////////////////////////////
▼開催内容(詳細)※玉川高島屋S・Cプレスリリースより

玉川髙島屋S・C「和菓子の日フェア」
【 期 間 】6月1日(木)~16日(金)
【 会 場 】玉川髙島屋S・C B1食料品フロア
【 内 容 】和菓子の日限定商品の販売・器のコーディネート提案
      お点前披露イベント 等

和菓子の販売店舗(14店舗)
■赤坂柿山 ■上野みはし ■榮太樓總本鋪 ■菓匠 清閑院  ■銀座あけぼの
■銀座鈴屋 ■笹屋伊織  ■塩瀬総本家   ■紫野和久傳  ■虎ノ門 岡埜栄泉
■とらや  ■文明堂   ■御門屋     ■両口屋是清    

 
食器の紹介店舗(5店舗)
■イッタラ   ■H.P.DECO好奇心の小部屋  ■everyday by collex
■TIME & STYLE RESIDENCE  ■Madu

▼イベント
「お茶のお点前おもてなし」榮太樓總本鋪×山本山
日時:6月16日(金)11:00~15:00
「和菓子の日」当日に、本館1Fグランパティオの特設会場にて
  宗徧流時習軒十一世家元の細田宗栄氏によるお茶のお点前披露と無料でお饅頭とお茶をお召し上がりいただくイベントを開催します。

両口屋是清「沢の翠」渓谷から湧き出る沢の水が、樹々の下を流れてゆく詩情を表現した、夏の日の情景が目に浮かぶお菓子です。 ・税込810円(半棹250g)
銀座あけぼの「ふきよせあられ」宮城県産みやこがねもち米を使用したあられ。醤油、蜜がけ、海老、海苔、国産ゴマなど上品な9種の味を楽しめます。  ・税込496円 ※各日50個限定 
上野みはし「初夏のフルーツあんみつ」もちもちの白玉2粒に、甘酸っぱい夏みかんと杏を乗せた見た目にも涼しげなあんみつ。初夏のおもたせにもオススメな1品です。 ・税込540円 ※各日15個限定
とらや「嘉祥蒸羊羹」毎年この時期限定の「嘉祥の日」(和菓子の日)にちなんだ季節の羊羹。 黒砂糖の餡に小麦粉と葛粉を混ぜて蒸しあげ、煉羊羹とは違うもっちりとした食感が特徴です。 ・税込2,160円(1本310g)※数量限定、無くなり次第終了
イベントイメージ:「お茶のお点前おもてなし」榮太樓總本鋪×山本山
名称
玉川高島屋S・C
所在地
世田谷区玉川3-17-1

投稿者: こばなお

二子玉川まち情報プロジェクト「フタコロコ」編集長。二子玉川カヌー部部員。二子玉川エリア在住14年。コンテンツづくり一筋、サイトの技術のことはまったくわかっていません。

関連記事