世田谷区役所に西村公一さんによる青のハートアート for「世界自閉症啓発デー」

4月2日(日)は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」。国内でも4月2日から8日を「発達障害啓発週間」として各地で自閉症を含む発達障害の理解啓発活動が行われています。
 
世田谷区では現在、区役所第1舎と第2庁舎のエントランスを自閉症啓発のテーマカラーである青色でデコレーションして、発達障害への理解を啓発しています。
 
その飾り付けに障害者の創作活動の支援などに取り組む一般社団法人「Get in touch」理事長で女優の東ちづるさんが駆けつけ、保坂区長や参加者たちと一緒にデコレーションを施した様子がメディアで紹介されました。
 
中でも、特に目をひく庁舎内各所に掲示された、マスキングテープで作られた数々の青のハート!ピンと来た方も多いのではないでしょうか。そう、昨年、一昨年と8月10日(ハートの日)前後に二子玉川商店街で開催されたイベント「フタコハートストリート」のアートプロデューサーでハートアーティストの西村公一さんの作品なのです。
 
世界自閉啓発デーに向けて、マスキングテープを使って作るハートアートは昨年に続き今年も世田谷区役所に展示。区障害福祉担当職員が保管してくれていた昨年の作品が今年も飾られ、「活動の継続性も示されている」と西村さん。東さんとともに保坂展人区長もハートアートを制作したそうで、「世田谷区の当事者と身近に接する真摯な姿勢がうかがえた」とも。

今年は世田谷区役所に先立ち渋谷区役所にも青いハートアートを制作した西村さん。「区役所へお越しの際はエントランスなどに立ち寄り、青色のデコレーションをご覧いただき、自閉症を含む発達障害への理解を深めていただければと思っています。手作りな展示を見てください」と来場を呼び掛けました。

展示は4月7日14時まで。

世田谷区議会入り口に展示された青のハートアート
庁舎内の展示の様子
昨年8月に開催された「フタコハートストリート3」の様子。国道の橋架に展示された巨大なハートアート。
昨年8月に開催された「フタコハートストリート3」の様子②。二子玉川商店街で子どもたちと一緒に制作。
昨年8月に開催された「フタコハートストリート3」の様子③。商店街入り口付近のふれあい広場でHIPHOPダンサーとダンスイベント。
名称
世田谷区役所
所在地
世田谷区世田谷4

投稿者: こばなお

二子玉川まち情報プロジェクト「フタコロコ」編集長。二子玉川カヌー部部員。二子玉川エリア在住14年。コンテンツづくり一筋、サイトの技術のことはまったくわかっていません。