地域共生の家ぬくぬくハウスで、子どもと夕ご飯。

毎日子育てしながら働いて、夕ご飯をつくるのが大変。子どもと二人でご飯を食べるのも、なんだかさみしいなぁー。と思っていたら、こんなイベントをキャッチ。

多摩川沿いの道に、地域共生の家として多世代の人がつながれる場所として開かれている「ぬくぬくハウス」で、第2・4金曜日の17時半〜19時半に子ども食堂として「まぜっこ食堂」が開かれている。
2月のメニューは、10日は炊き込みごはんとイワシの缶詰。24日におかめうどん。3月は10日にちらし寿司、24日はスパゲッティ・ナポリタン。子どもと親で出かけて、夕ご飯を一緒に食べよう!という企画だそうだ。これは素晴らしい。誰かとお話しながら夕ご飯を食べられるって、子どももなんだか楽しそう。


ぬくぬくハウスでは1月にはお餅つき大会も開かれて、私も子ども参加。老若男女たくさんの人が集まって、餅米を杵と臼でぺったんぺったんお餅をついて、あんこ、きなこ、大根おろし…昔ながらの味付けで、みんなで食べて、本当に楽しかった!こうやって気を張ることなく地域でつながれる場って、本当にありがたい。

まぜっこ食堂は事前予約制!気になったら、当日お電話ですよ。詳しくはぬくぬくハウスのホームページをチェック。

名称
ぬくぬくハウス
所在地
東京都世田谷区玉川1-2-3

投稿者: みっきーあらなわ

クリエイティブディレクター/まんが家/ファシリテーター/ 昼間は某広告会社で働き、週末はまんが家となる二子玉川に住む一児の母。娘・ニコを育てる喜びと葛藤の日々をまんがで綴る『にこたま』を描くことが日課です。多摩川のまち二子玉川が大好きな住民として、子育て世代の目線で気になるまちのコト・モノ、子どもの学び、体験したことなどを綴ります。お気に入りのスポットは兵庫島公園。好物は二子玉川商店街のスップルの焼肉。

関連記事