【イベント情報】7/19 「ヒトを知り、ジブンを広げるプログラム」d-labo二子玉川で

二子玉川で子育て中のお母さんグループ「enega和(えんがわ)」は、地域の人の居場所づくりや、人と人とのつながりを生み出す活動を行っています。
中高生のための「ヒトを知り、ジブンを広げるプロジェクト」は3月に続き第2弾。
人生の先輩達の様々な生き方を学ぶことにより、自分自身の今後の選択の幅を広げることに役立ててほしい―そんな願いから始まった企画です。

いつもは玉川町会会館で開催している「放課後たまり場自習室」も、この日は d-laboに出張オープンします。

///////////////////////////////////////////////////

ヒトを知り、ジブンを広げるプログラムvol.2

中高生を対象に、これまで接点のなかった地域の人との出会い、学校とは異なる学びをご提供したいと「enega和」がスタートさせた「ヒトを知り、ジブンを広げるプログラム」。今回は、株式会社メディヴァで活躍されている2人のゲストをお招きし、d-labo二子玉川で開催いたします。自分の好きなことを探求することの大切さや人とのつながりの大切さを学んでみませんか?

■日時:2017年7月19日(水) 17:00~21:00
■定員:50名(要予約/先着順)
■参加費:無料
■対象者:中学・高校生・大学生(保護者の方のご同伴も大歓迎です!)
■後援:玉川町会

■タイムスケジュール
①17:00~21:00 enega和出張自習室
②19:00~21:00 「ヒトを知り、ジブンを広げるプログラムvol.2」
※①または②のみの参加も可能です

[講師紹介]

澤井 潤
二子玉川エリア在住・二児の父。2007年名古屋大学医学部医学科卒業。卒業後5年間、愛知県の病院で初期研修、小児科研修を修了したのち 国立成育医療センターPICU勤務を経て、都内クリニック院長を務める。2016年4月より、医師としての経験を生かしつつ、幅広く医療の変革に関わることを目指し、用賀アーバンクリニック、株式会社メディヴァで、小児科医兼コンサルタントに従事している。

松永 絵葉
ニュージーランドの高校を卒業後、日本に帰国し、上智大学経済学部経営学科を卒業。タイ・チェンライにて日本語教師として勤務した後、日本式医療の国際展開を目指す団体に入職。2015年に医療水準を向上させる持続可能な事業の実現を目指し、株式会社メディヴァに参画。現在、海外事業部にてミャンマーをはじめ、各国のプロジェクトに従事している。

////////////////////////////////////////////////////

お申込み方法などの詳細は、d-laboのウェブサイトをご覧ください。
http://www.d-laboweb.jp/event/170719ft.html

「ヒトを知り、ジブンを広げるプログラム」チラシ
名称
d-labo 二子玉川(スルガ銀行 二子玉川支店)
所在地
東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス12階

投稿者: enega和

二子玉川で子育て中のお母さんグループ「enega和(えんがわ)」です。 居心地のよい「たまりば」を通じて、身近な地域で人と人とのつながりをつくり、力を発揮できる機会を増やそう!と考え、活動しています。 “たまりば創出プロジェクト”第一弾として、中高生のための自習室を運営中。