東急線沿線全域に拡大、地域共助プラットフォームアプリcommon iTSCOMテレビで特集も

 2021年3月より二子玉川エリアで先行開始された地域共助プラットフォームアプリ「common」(以下、コモン)は、1月24日より対象エリアが東急線沿線全域に拡大されました。アプリに搭載された街の情報を共有する「投稿機能」や、不要品を譲り合える「譲渡機能」によって、地域内のコミュニケーションを生み出し、自律的な地域経済・コミュニティの支援による持続可能な街づくりの実現を掲げています。

 コモンは、東急線沿線全域拡大前の12月時点(東急線沿線の12エリア: 用賀・二子玉川・上野毛・等々力・尾山台・九品仏・自由が丘・田園調布・多摩川・新丸子・武蔵小杉・元住吉で展開)で累計ダウンロード数10,000件を超えました。また、アプリ内のコミュニケーション数(※)も月間7,000件を超え、地域団体などによるイベント情報の発信によってリアルな交流も生まれており、住民間で助け合う自律的なコミュニティが醸成され始めているそうです。
(※)投稿数やコメント数、利用者間のメッセージ数などを合算したアプリ上でのコミュニケーション総数

 2021年12月に追加された近隣住民間で不要品が譲渡できる「譲渡機能」では、累計出品数が1,000件を超え、マッチング率も50%超となっており、不用品の譲渡を通じて、地域コミュニティを強化するだけでなく、脱炭素・循環型社会の実現に向けた環境へ配慮する行動につながっています。

アプリを利用した子ども記者のレポート(futakoloco)

 二子玉川のロコが集まり運営するメディアであるfutakolocoも、開始時からパブリックアカウントを開設して各記事を同アプリで発信してきました。コモンを参照元とした記事閲覧数も上昇していますが、何よりも「コモンでfutakoloco記事を読んで来た」といった、実際のアクションへのつながりを実感するケースが少なくありません。

 ローンチ間もないころに取材した際、開発者のお1人である小林乙哉さんは「今後、住民間の助け合い機能の拡充や、シェアリングサービスなど、街の中にあるあらゆるサービスとつなげることで、一人一人のライフスタイルに応じた、地域内のさまざまな生活シーンを支える『生活基盤プラットフォーム』となることを目指す」とのビジョンを明かされました。

サービス開始間もない2021年6月16日に開発担当者へインタビューした記事(futakoloco)

 また、「手の届く範囲のソーシャルグッドによって、身の回りの誰かの生活を少しずつ、より豊かにしていく活動こそがまちづくり。一部の人しか関われない特別なものだったまちづくりを、だれもがカジュアルに、楽しく関われる日々の当たり前になるように」とも話されました。その志は、2年の時を経て着実に果たされようとしています。コモンがまちづくりの新しいアルゴリズムを生み、「最もアップデートされた」まちづくりを二子玉川で見られる日が待ち遠しいですね。

2/18日放送「common」特集番組のお知らせ

 コモンがTV番組「WEEKLY TOQ(ウィークリー・トーク)」の特集コーナー「Focus In!」で取り上げられます。番組は下記で視聴できます。

■イッツコム

イッツコムチャンネル10(地デジ10ch)にて下記の日程で放送

 ●2023/2/18(土)10:30~10:50

 【再放送】19(日)17:30~ 22(水)17:30~ 23(木・祝)21:30~

 ●2023/2/25(土)10:30~10:50

 【再放送】26(日)17:30~ 3/1(水)17:30~ 2(木)21:30~

※18日と25日は、番組としては違う内容の放送ですが、「Focus In」コーナーで流れるVTRは同じものになります。

※両回とも、初回放送の翌月曜18時目途で、イッツコムチャンネルの公式YouTubeチャンネルにアーカイブされます。

■ケーブルテレビ品川

チャンネル10しながわ(地デジ10ch)にて下記の日程で放送

 ●2023/2/18(土)10:30~10:50

 【再放送】21(火)19:10~

 ●2023/2/25(土)10:30~10:50

 【再放送】28(火)19:10~

■横浜ケーブルビジョン

YCVチャンネル①(地デジ11ch)にて下記の日程で放送

 ●2023/2/18(土)23:00~23:20

 【再放送】20(月)10:30~ 21(火)10:30~ 22(水)17:30~

 ●2023/2/25(土)23:00~23:20

 【再放送】27(月)10:30~ 28(火)10:30~ 3/1(水)17:30~

この記事を書いた人

こばなお

futakoloco 編集長。二子玉川エリア在住19年。出版社勤務を経て、ローカルニュース記者からロコカタリスト(地域の触媒)へ!「街の記録係」「Story Teller」という視点を核に、活動を続けています。

玉川町会100年懇話会事務局担当。(一社)二子玉川エリアマネジメンツ職員。 フリーランスで公民連携分野のライターをぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。