二子玉川商店街に「Let It Be Coffee」あるがままに、自分たちらしいカフェ

これまで「旅するコーヒー屋」として、毎日違う場所へコーヒーを提供してきた、人気のコーヒーブランドと言うべき「Let It Be Coffee」。2月13日、二子玉川商店街で店舗をグランドオープンします。

店主の宮崎哲夫さんとMotocoさんは「inspired by STARBUCKS 玉川3丁目店」(現:Neighborhood and coffee 玉川3丁目店)、「STARBUCKSCOFFEE 二子玉川公園店」の2店の立ち上げに携わり、美味しい一杯を出すことで地域の方々とつながってこられました。顔見知りの方も少なくないのではないでしょうか。

その後お二人は「BlueBottleCoffee」日本初出店の立ち上げに関わられ、2017年2月に一緒に独立。プライベートでも昨年11月にご結婚され、公私ともにパートナー。「毎日幸せな新婚生活です」と照れを見せずに真っ直ぐ話される哲夫さん、お二人の作る空間はさわやかな愛で満ちているよう。

店名は、「あるがままに・自分たちらしく」という意味を込めて「Let It Be Coffee 」と名づけました。Let it beというと「The Beatles」の曲を想像する人が多く、その由来を尋ねられることも多かったそうで、「改めて聴き込んだ」とMotocoさん。

提供するメニューは、カフェラテ(500円)、エスプレッソ(350円)、アメリカーノ(450円)など(いずれも税込)。コーヒーの焙煎豆はエスプレッソが「Coffee Wrights」(三軒茶屋)、ドリップに「Lilo coffee」(大阪)のLet It Beブレンドを使用。豆の販売もしています。ほかに「チャイ」や子ども用のジュース、「あんバターサンド」「やパウンドケーキ」などのフードや、ふたこビール(瓶)。

店内入り口すぐにカウンターがあり、そのカウンターを囲むようにスタンドテーブルやテーブル席があります。飲み物はテイクアウトも可能ですが、Motocoさんが惚れ込んだという、益子の陶芸家・遠藤太郎さんのオリジナルカップでゆっくりくつろぎながらいただくのもおすすめ。青い模様が印象的な陶器は、掌にじんわりとコーヒーのあたたかさが広がります。

「商店街にあるので、食事後にコーヒーを飲んでもらったり、コーヒーを飲みながら近くのお店を紹介したり、繋ぐ役目となれたら嬉しい」と話すお二人。2月5日(ふたこの日!)のプレオープンでは早速すぐ近くで昼食をとられた方が、食後のコーヒーを求めて寄ってくださり、うれしかったそうです。

今日10日から12日までは「プレオープン期間」で11時〜19時、13日のグランドオープン以降は11時〜21時までの営業。お仕事帰りにほっと一息できる場所としてもおすすめです。

二子玉川で出会い、二子玉川を仕事場とし、二子玉川在住で新婚のお二人。二子玉川で独立しお店を持たれたのは、地域としてもとてもうれしいですね。ちなみにお隣が「須田豆腐店」で、ビル名は「ビーンズ二子玉川」。これも運命でしょうか・・・

Let It Be Coffee
営業時間 11:00-21:00
定休日 水曜日

店頭にはお祝いのお花がたくさん
コーヒー豆
オリジナルのカップとボトル、販売もしています
カップの裏には店名が!
ケーキやビールも
メニュー(2/10時点)
幸せいっぱい!宮崎哲夫さんとMotocoさん夫婦
カウンター内のお二人
名称
二子玉川商店街
所在地
東京都世田谷区玉川3-23-25 ビーンズ二子玉川1F

投稿者:

二子玉川商店街に潜んでいます。

関連記事