フルタニDの街歩き:「TAMAGAWA BREW~多摩川河畔でゆったり過ごす1日と水辺に集う人々」動画リポート

「たまがわをたくらむ」をテーマに水辺空間の使い方を試みる『TAMAGAWA BREW』が9月27日(金)~28日(土)兵庫島公園で開催されました。3日間のイベントは天候により2日間になりましたが。地元発のクラフトビール・フードの屋台や、地元クリエイターによるワークショップ、音楽の生演奏、映画上映会、焚き火など盛りだくさんのイベントで賑わいました。河畔で気持ちのいい時間を過ごすためのプログラムにはそれぞれ趣向が凝らされ、多摩川と河川敷の広場を様々な角度から再発見しようという熱意でいっぱいでした。水辺にあつまった人たちの思いを取材しました。

2019多摩川河川敷活用実行委員会/TAMAGAWA BREW

Vol.03 | TAMAGAWA BREW

名称
多摩川河川敷 兵庫島公園
所在地
東京都世田谷区玉川三丁目

この記事を書いた人

古谷 健治

古谷 健治

元テレビディレクター。世田谷八幡山で生まれました。多摩川を挟んだ中原区で育ち、横浜市あざみ野で暮らしています。筑波大学メディア創成学類で「映像制作実習」の講座を受け持ち、非常勤を2年続けたことから動画に関心を持ちました。現在シニアユーチューバーをめざして特訓中です。チャンネル登録お願いします。