花さんぽ♯14 丸子川 仙川 上総層

原っぱの3本桜はもう、散っておりました。花の命は短くて…丸子川の枝垂れ桜は葉が出てきましたが、水辺のキショウブと一緒に美しく咲いています。仙川は上総層がハッキリ露出。先週金曜日、野川で鯉がバタバタ干上がりそうでしたが、あちこちお水が少し少ない様子。上総層がこの辺で見られるのは確かここら辺だけ、と、松本記念音楽迎賓館のみどりの講座で毎年聞くのですが、この辺のことなかなか覚えられないので、毎回新鮮…(情報正確かどうかは、そのうちあめますさんに記事書いてもらいたい)とりあえず、上総層について、ウィキペディアより。
ウィキペディア上総層郡

上総層群
概要
第三紀鮮新世〜第四紀更新世古期までの一連の海成層で、砂岩、泥岩および凝灰質砂礫などからなり、三浦層群を不整合に覆い房総半島南部や多摩丘陵では広く地表に露出しているが、下総台地や武蔵野台地では下総層群に覆われ関東地方の基盤をなしている。模式地は房総半島中央部の養老川から勝浦市にかけての川沿い。下位から、黒滝層、勝浦層、浪花層、大原層、黄和田層、大田代層、梅ヶ瀬層、国本層、柿ノ木層、長南層、笠森層が整合的に重なる。

キショウブ
こんな感じで丸子川に群生
仙川に上総層
よく観測できます
丸子川は途中から現れるのです…
名称
丸子川、仙川
所在地
世田谷区岡本3-33

投稿者: ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。