岡本民家園でこどもの日 : 竹とんぼや紙玉鉄砲作り

昭和55年12月に開園した岡本公園民家園は区の有形文化財第1号に指定され、旧長崎家主屋と土蔵1棟、椀木門を復元し、江戸後期の典型的な農家の家屋を再現しています。

昭和63年11月に開園した次大夫堀公園民家園同様、生きている古民家」をテーマに、囲炉裏には毎日火が焚かれ、家の中や軒下には民具が置かれています。

主屋内にも自由に入ることができ、民具などに触れることもできます。また、農村に伝わる行事等も行っており、昔ながらの生活や風習を体験することができます。

5月5日の子どもの日は、午前10時~午後3時30分に竹とんぼ作りと紙玉鉄砲作りを行います。(荒天の場合は中止)また、5月7日まで長崎家内で五月人形が飾られています。

長崎家主屋

岡本公園民家園(世田谷区サイト)

http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00122210.html

名称
岡本公園民家園
所在地
世田谷区岡本2-19-1

この記事を書いた人

こばなお

こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。


(旧) コラムの一覧はこちらのリンクをクリック