4/30 スマホで街の生き物を観察しよう!参加型市民科学プロジェクト今年も開催

City Nature Challenge2022-Tokyo

世界中の約400の都市の生き物情報をスマホやタブレットでつなげる! つながる! 参加型 市民科学プロジェクト!

世界の約400の都市で同時に、各都市の生き物の写真をスマホで撮影し、見つけた生き物の投稿数、種類、参加人数を競いあう国際イベント“City Nature Challenge 2022”が今年も開催されます。得られた情報で自然科学の発展にも貢献できます。
東京でもこのイベント(CNC2022-Tokyo)を4/29~5/2に開催します。
※CNC2022-Tokyoについての詳細は公式サイトをご覧ください。いろいろな生き物や各国の観察の様子はこちらからご覧になれます。
4月30日(土)にはみんなで観察するオンラインイベントを開催!ぜひご参加ください。
※CNC2022-Tokyo(4/29~5/2)のみへの参加、オンラインイベント(4/30)のみへの参加は、いずれも可能です。

【オンラインイベント詳細】
日時:2022年4月30日(土) 10:00~15:40(雨天順延日2022年5月1日(日))
 ※延期または中止のご連絡は、当日午前8時までに申込者のメールアドレス・生物多様性アカデミーのサイトにてお知らせします。
◆場所:オンライン(Zoom)と都内の身近な場所
◆対象:自然環境や動植物に興味をお持ちの方、どなたでも参加できます。
◆対象地域:東京都内全域(島嶼を除く)
東京都には、都市部でも社叢、お庭、公園、多摩中部には田畑、森林、用水路、さらに多摩西部には山林が見られます。どの地域でも、少し歩けば植物や動物を観察することができるのが特徴です。新型コロナウイルスのため遠出は難しいかもしれませんが、いつもの散歩やジョギングの合間に、ぜひ観察してみてください。
◆参加費:無料(事前申込み制・定員なし)
◆申込方法:下記「東京都市大学二子玉川夢キャンパス」のホームページより、申込フォームにアクセスできます。
https://yumecampus.tcu.ac.jp/event/9325

当日使用するZoomのリンクは、前日までにメールにてお知らせします。
◆準備:スマートフォンもしくはタブレット端末
City Nature Challenge 2022-Tokyoでは、スマホのアプリiNaturalistを使って、簡単に動植物を観察・投稿することができます。
可能な方は、事前にiNaturalistへの参加登録を済ませてご参加ください。(詳細はこちら

◆プログラム
司会:岸本慧大(慶應義塾大学大学院後期博士課程)
【午前の部】(Zoom)
10:00~10:10:開会あいさつ
  小堀洋美(東京都市大学特別教授 / (一社)生物多様性アカデミー代表理事)
10:10~10:20:講演①「コロナ禍でも野外で楽しめる世界一斉の生き物調べ:City Nature Challenge」
  小堀洋美
10:20~10:35:講演②「社会科学研究から考えるCity Nature Challengeの意義」
  桜井良(立命館大学准教授)
10:35~10:50:iNaturalist使用方法の説明
  岸本慧大

【自由観察】
10:50~15:00:自由に観察
Zoom接続を一度切り、参加者が自宅周辺や身近な場所で観察を行います。

【午後の部】
※Zoomに再接続してください。
15:00~15:20:結果の共有とQ&A「得られたデータを地図で見てみよう」
  岸本慧大・咸泳植(東京都市大学准教授)
15:20~15:35:アンケート記入
15:35~15:40:閉会のあいさつ
  咸泳植

◆リアルタイム観察記録
City Nature Challenge 2022-Tokyoの開催期間中、みんなが寄せた観察記録は,リアルタイムに地図に反映されています。
どんな種が確認されたのか、誰が一番観察したか、東京で合計いくつの観察が行われたのかなどを見ることができます。
リアルタイムなCity Nature Challenge 2022-Tokyoの記録は以下のリンクをご覧ください.
CNC2022-Tokyo

※4月29日0時から投稿が可能となります。

◆詳細・お問い合わせ
一般社団法人生物多様性アカデミー

[プロジェクト企画]
  カリフォルニア科学アカデミー/ロサンゼルス自然史博物館
[CNC2022-Tokyo主催団体]
  東京都市大学/(一社)生物多様性アカデミー 

名称
所在地

この記事を書いた人

enega和

二子玉川で子育て中のお母さんグループ「enega和(えんがわ)」です。
居心地のよい「たまりば」を通じて、身近な地域で人と人とのつながりをつくり、力を発揮できる機会を増やそう!と考え、活動しています。
“たまりば創出プロジェクト”第一弾として、中高生のための自習室を運営中。