子ども記者 せいしろうがゆく! Vol.22 誰でもみーんなはじめは子ども。 「PLAY! PARK ERIC CARLE」総力取材レポート

はらぺこあおむしの作者「エリックカール」の絵本の世界に飛び込もう!
遊んで学べる新しい施設「PLAY! PARK ERIC CARLE」。もうみんな行ったかな。

ハワイから小さなお友だちが遊びに来て、どこに行けばいい?と聞かれたボク。
迷わずここに案内してあげたよ。
これから行く予定の子は参考にしてね!

まずは公式ウェブサイトで事前予約をしよう(当日空きがあれば入れるけど、週末は予約したほうがよさそうだよ)
https://playec.jp/

料金は大人も子ども(1歳以上)も同じ料金。
初めての人は中で飲み物を飲めるオリジナルタンブラーがついてくる。(2回目からタンブラー持参で割引になるよ)
この日は週末。ちょっと受付に並んだだけで、スムーズに中に入れたよ。

™ & © 2022 Penguin Random House LLC. All rights reserved.
受付横のフォトスポット。はらぺこあおむしに食べられちゃう!?早めに行って写真を撮っておこう。
ハチの巣みたいな靴箱。このあとダッシュ!

まず向かったのはプレイゾーン!
トランポリンにすべり台にハンモック!楽しいね。
その間にお父さんお母さんはロッカー(無料)に使わない荷物を預けておくといいよ。

ドリンクバーで麦茶やコーヒーが飲み放題!(入り口でもらったタンブラーにいれるよ。)
ピアノもあるよ。はらぺこあおむしの曲を弾いてくれた誰かのお母さん、ありがとう!
みどりのめいろ。この日はみんなで協力してたくさんのあおむしを探すイベントがあったよ!
カワイイちょうちょ発見!

たくさん遊んであっという間の2時間。
タンブラー持ち歩き用に、紙袋とかがあると便利だね。(とお母さんが言っていた)
あと、施設の中にトイレは無いから気を付けてね。(どうしても行きたくなったら、再入場できるよ)

帰りはHUNGRY MARKETでお買い物。
ボクもよく読んでいた、持ち運びできるボードブック「パパ、お月さまとって!」やネームはんこ、ミニブック型マグネット、色々あって迷っちゃうね。

ハワイの小さなお友だちは、とっても楽しんでくれたみたいだ。
日本語ができなくても、2時間たっぷり楽しめると思うから、日本中、世界中から子どもたちが遊びに来てくれたらうれしいな。もちろん昔は子どもだった大人もね。

次の日の朝、ボクのうちのベランダにいた腹ペコあおむしが、いつのまにかサナギになっていて、そしてきれいな ちょうちょになりました!

™ & © 2022 Penguin Random House LLC. All rights reserved.

関連リンク

名称
PLAY! PARK ERIC CARLE
所在地
東京都世田谷区玉川2丁目21−1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター タウンフロント 8F

この記事を書いた人

せいしろう

25(フタコ)の日に二子玉川で生まれた小学4年生。

将来の夢は、昆虫博士になって新種をみつける事。
昆虫のシャツしか着ていないので、それしか持ってないの?とよく聞かれる。
飼ったことがある生き物は、カマキリ、カブトムシ、クワガタ、カエル、イモリ、カニ、ザリガニ、スズムシ、カタツムリ、カイコ

二子玉川でみつけたステキな人、モノ、コトを紹介していくよ。
ボクに取材してほしい人は連絡してね。
(母代筆中)