【futakoloco特典・入場割引画像付き】明治150年記念「明治からの贈り物」展、静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館7/16〜9/2の期間、ー明治150年記念ー「明治からの贈り物」展が開催されています。
今日に伝えられた明治の美と技の世界を、武蔵野の面影を残す緑眩い静嘉堂100年の杜の中で、心ゆくまで楽しんでみませんか?

★なお、今回もfutakoloco 特典で同展入館割引があります。この記事画面最後部にある割引画像を同館受付でご提示頂くか、プリントアウトしたものをご提出いただけると入館料1,000円のところ800円でご覧いただけますのでご利用ください。

【内容】
経済的な分野のみならず、芸術文化の支援によっても日本を支えたいと願った静嘉堂の創始者、岩崎彌之助(1851-1908・三菱第2代社長)と岩崎小彌太(1879-1945・三菱第4代社長)父子が蒐集した古典籍・美術コレクションには、彼らと同時代の、近代の作品も多く収蔵されています。

本展では明治の美術品を中心として、近代絵画で初めて重要文化財の指定を受けた橋本雅邦の「龍虎図屏風」を含む、第四回内国勧業博覧会(明治28年〈1895〉開催)出品の屏風の数々、修理後初公開となる河鍋暁斎の代表作「地獄極楽めぐり図」の画帖、そして当時の洋画界で、‶裸体画論争"に及んだ、わが国‶ヌード"の先駆的作品、黒田清輝「裸体婦人像」など、話題の名品が公開されています。

また今日‶超絶技巧"とも称され、人気の高い明治工芸品からは刺繍・金工・七宝・漆芸・陶磁器、それぞれ名工の‶力作"が並びます。
※会期中、一部作品の展示替えをいたします。

【開催概要】
会期:2018年7月16日(月・祝)~9月2日(日)※会期中、一部作品の展示替をいたします。
会場:静嘉堂文庫美術館
住所:東京都世田谷区岡本2-23-1
時間:10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)サマータイム開館時間10:00 〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 ※ただし7月16日は開館
入館料:一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
※団体割引は20名以上
※リピーター割引:会期中に本展示の入館券をご提示いただけますと、2回目以降は200円引きとなります。
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:http://www.seikado.or.jp/

明治からの贈り物 リーフレット
黒田清輝「裸体婦人像」 明治34年(1901)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
菅原直之助「羽衣刺繍額」 明治40年(1907)頃 静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
菅原直之助「鞍馬天狗刺繍額」 明治40年(1907)頃 静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
河鍋暁斎「地獄極楽めぐり図」(盛り場)(1帖40図) 明治2~5年(1869~72)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】※場面展示替あり
橋本雅邦 重文「龍虎図屏風(左隻)」(6曲1双) 明治28年(1895)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
橋本雅邦 重文「龍虎図屏風(右隻)」(6曲1双) 明治28年(1895)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
濤川惣助(渡邊省亭 下絵)「七宝四季花卉図花瓶」一対 明治時代(19~20世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
futakoloco特典【静嘉堂文庫美術館入館割引券】この画像を受付で提示していただくか、プリントアウトしてお使いいただけます
名称
静嘉堂文庫美術館
所在地
東京都世田谷区岡本2−23−1

投稿者: 本城晴美

イラストレーター/デザイナー/NPO法人せたがや水辺デザインネットワークスタッフ/ポンこと本城晴美。富山県生まれ。セツモードセミナーで絵を学ぶ。夢は絵本作家まだまだ修行中。多摩川の自然と子どもが大好き。