1/26(土)二子玉川郷土史会・新春吉例落語会「藪入り」

二子玉川郷土史会は1月26日(土)、「新春吉例落語会」を開催する。出演はアマチュア落語家として活動中の「せたが家志ん金」さん。

その名から推測できるように、志ん金さんは世田谷信用金庫常勤理事!「古典落語の格調を継承する本格派」で、得意ネタは大山詣り、ちきり伊勢家、品川心中、三軒長屋…などなど。

平成最後の今年の演目は「藪入り」。奉公に出ている息子の里帰り(藪入り)を通して親子の情愛を描く、笑いがありながらも心に染み入る人情噺だとか。

会場は二子玉川ライズバーズモール2階の玉川町会会館。参加費は無料。午後4時開演。定員先着80人。要事前申込みで添付のチラシのメールアドレスへ必要事項を送信する。申込締切は1月24日(木)。

11/24(土)二子玉川郷土史会特別企画「二子玉川の変遷」江戸時代創業の老舗料亭と二子玉川のまち

https://futakoloco.com/7080/

名称
玉川町会会館
所在地
世田谷区玉川2-2-1-209

この記事を書いた人

こばなお

こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。


(旧) コラムの一覧はこちらのリンクをクリック