1/26(土)世田谷コミュニティ財団助成事業開始イベント テーマは「都市の農」

 東京都で初の都市型コミュニティ財団「一般財団法人世田谷コミュニティ財団」(以下SCF、代表理事:水谷衣里)は、2018年4月の財団設立後初となる助成事業の実施を発表した。

  初の助成プログラムの助成期間は2019年6月1日~2020年5月31日で、テーマは「都市の農」。助成申請は3月1日~20日だ。

 SCFは、このプラグラムについての説明会を兼ねた助成事業キックオフギャザリング「都市の『農』-世田谷のまちの生態系を支える新しい価値」を1月26日(土)に開催する。助成先の公募開始にあたりプログラムの意図を伝えるとともに、都市の「農」を守り育む意義、そしてそれをコミュニティで支える意味を、参加者とともに考える。応募要項の配布も行う。参加費無料。

 世田谷区には現在、500超のNPO法人を含む数多くの民間公益活動団体が活動しており、その暮らしを支えている。SCFはこうした活動を支える新たな「インフラ」として、約1800人との意見交換と387名の設立寄付者の支援のもと誕生した。

【開催概要】
日時: 2019年1月26日(土)13:30〜15:30
場所: カタリストBA (東京都世田谷区玉川 2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス 8 階)
    東急大井町線・田園都市線二子玉川駅下車徒歩1分
プログラム:
    1)ギャザリング
    2)設立記念助成プログラム 募集説明会

ギャザリング話題提供者:
   星 勉 氏 地域社会計画研究所代表

   田中瑞穂 氏 (一財)世田谷トラストまちづくり
   福田武雄 氏 JA 東京中央

   本澤絢子 氏:東京工業大学大学院    
   福永順彦:(一財)世田谷コミュニティ財団 理事
コーディネーター:
   土肥真人 :(一財)世田谷コミュニティ財団 副理事長
  (一財)エコロジカル・デモクラシー財団 代表理事

主催: 一般財団法人 世田谷コミュニティ財団
共催: 一般財団法人 世田谷トラストまちづくり

イベントのフライヤー

設立記念助成プログラム キックオフギャザリング「都市の「農」ー世田谷のまちの生態系を支える新しい価値」(1/26)を開催します!(SCFサイト), 【イベント】12月15日(金)カタリストBAで「越境ナイト:世田谷×川崎」

https://scf.tokyo/2884/, https://futakoloco.com/3971/

名称
二子玉川ライズ カタリストBA
所在地
世田谷区玉川2-2-1

この記事を書いた人

こばなお

こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。


(旧) コラムの一覧はこちらのリンクをクリック