梅雨入り前の五島美術館庭園散歩

六月になっちゃいました。

 

楽しかった10連休は早くも一か月前の出来事、新年度の疲れは抜けきったようで抜けきらず、卒業研究も進まず、テレビを見ても「ボーっと生きてんじゃねーよ」と5才児に叱られてしまう日々が続きます。

 

憂鬱を紛らわすためにも散歩をしました。いつものように五島美術館の庭園です。

庭園に入るだけなら300円とお得
紫陽花。これからもっと綺麗に咲く

紫陽花が咲き始めました。綺麗です、もう数週間で本番ですね。インスタ映えです。葉っぱの部分には毒があるらしいのでお腹が空いても摘まんで食べてはいけませんね。本館から出て右手の大日如来像に行く道中にたくさん咲いています。

ドクダミ。英語だとfish mintとかfish leafとかと呼ばれてるらしいですね。魚っぽくは見えませんよね。中国語だと鱼腥草(読めない)と書かれます、やはり魚です。庭園のいろんな所に咲いてます。葉っぱは天ぷらにするとおいしいです。

カワラナデシコ かわいい

カワラナデシコ。秋の七草として有名だけどこの種のナデシコは春に咲きます。線の細い紫の花弁がとても綺麗です。近年減少しているらしく、庭園内では坂を下った赤門の近くに見られます。これは天ぷらにはしません。

梅 実ってます

梅。花がすべて散って果実がたくさん付いていました。梅干しはあまり好きではないけど梅酒は好きです。天ぷらと一緒に梅酒を飲むと気分が晴れます。これも赤門の近くに立派な木が生えていてそこで見れます。

だいだい。前回来た時から実をつけているけれど、調べてみると元々だいだいは2~3年ほど実を落とさないらしい。甘そうに見えるけどだいだいは「ビターオレンジ」とも呼ばれます。ストロングゼロのやつです。

地蔵 庭園内にはたくさんある

庭園には地蔵が多く供えられているので有名です。地蔵のじんめりした感じに湿気を含む緑の臭いがとても似合う季節になりましたね。

自然がもりもりあふれる

天気が曇りでも庭園散歩をするとだいぶスッキリします。自然の中でのびのび歩くのはやはり楽しいです。

名称
五島美術館
所在地
東京都世田谷区上野毛三丁目9番25号

この記事を書いた人

いちさん

いちさん

東京都市大学4年.コンピュータ触って生きてます.研究の休憩とか,大学院に行く準備をさぼるためとか,いろんな口実をつけて美術館に逃げる日々です.