花さんぽ♯68 鷺草が一輪@瀬田四丁目旧小坂緑地

うだるような暑さの中、鷺草を一輪見つけました。

世田谷区の花「サギソウ」(昭和43年・東京100年を記念して区民からの公募により制定された)

サギソウは世田谷区の花ですが、現在区内に自生しているところはありません。瀬田四丁目旧小坂緑地のサギソウは、まちの「区の花さぎ草を愛する会」の方と世田谷区の公園管理事務所で協力して育てています。昨年はよく咲きましたが、今年は咲くころの気温がとても低く、急に暑くなったためか、開花が去年より1週間ほど遅くなり、また、少しだけポツンと咲いています。

少し夏バテぎみ?のサギソウ

ただ、この国分寺崖線沿いの瀬田四丁目旧小坂緑地の森は、緑に覆われ、この暑いさなかにも涼しい風が吹いています。

国分寺崖線の森にはさわやかな風が吹く
森とわきみず。人工的なミストとは違う冷たさと涼やかさ
ヤブラン・何かいる!
クマバチ・おとなしい性格でひたすらミツを集める。オスは針がなく刺しません。メスもめったなことでは刺さないそう。見かけたらそっとしておいてあげてね。
木道沿いには白い花が
ジャノヒゲ?ヤブランに似ているね。白い花はノシランと言うそうです。
ジャングルに迷い込んだみたい
蝶もいます。(アカボシゴマダラ)
森は気持ちいいよ。

 

土、草、樹々、わきみず。国分寺崖線、生きものが生きる森

 

名称
瀬田四丁目旧小坂緑地
所在地
東京都世田谷区瀬田4-41-21

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。
リニューアル前の旧コラム(2019年2月まで)はこちらから読めます