テンプル大学ジャパンキャンパスでマネジメント修士課程、2020年秋学期から新たに開設

 テンプル大学ジャパンキャンパスは、新たにマネジメント修士課程(Master in Management)を2020年秋学期からスタートします。

 同プログラムは、リベラルアーツ、あるいは他のビジネス関連以外の学位を取得した学部課程卒業間もない方々を対象として設計されています。会計、財務、リーダーシップ、戦略などビジネス・ファンダメンタルズに基づいたカリキュラムを通して、グローバルな視野に立ち、今日のビジネスの世界で成功するために必要な知識の習得と、学部課程での学びをさらに補強するねらいがあります。

3つの特長:
 ビジネスに関する知識および就業経験が限られた非ビジネス系学部(経営学部、商学部などを除く)出身者向け
 30単位取得、1年(平日日中受講)で修了可能
 プログラムの一部としてインターンシップの機会

2020年秋学期の出願受付は3月より開始します。

※ニュース詳細はこちら↓(テンプル大学ジャパンキャンパス公式サイト)

名称
テンプル大学ジャパンキャンパス
所在地
東京都世田谷区太子堂1-14-29

この記事を書いた人

こばなお

futakoloco 編集長。二子玉川エリア在住16年。出版社勤務を経て、ローカルニュース記者からロコカタリスト(地域の触媒)へ!「街の記録係」「Story Teller」という視点を核に、活動を続けています。

玉川町会100年懇話会事務局担当。(一社)二子玉川エリアマネジメンツ職員。 フリーランスで公民連携分野のライターをぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。