【動画リポート】R246橋脚落書き消し密着取材 |フルタニDの街歩き

「多摩川の豊かな環境を保全し、調和した暮らし」は(一社)二子玉川エリアマネジメンツが2016年度から取り組むプロジェクト「二子玉川かわのまちアクション」の活動目的です。

かわのまちアクションは、野川護岸整備や在来植生物の保全活動など、いくつかありますが、今回6月20日には「国道246号新二子橋の落書き消し&橋脚アート実験」が開催されました。

多摩川に架かる国道246号線の高架橋を支える8本の橋脚。その下部に書かれた落書きを市民の手で消し、壁面を巨大なキャンバスとして表現の場にしていく、という取り組みです。(前回の動画レポートはこちら

安心で心地よい水辺空間づくりの試みは今回で4回目を数えるそうです。梅雨の晴れ間というコンディションに恵まれ、会場には40人あまりの人たちが集まり、橋脚の清掃に汗を流していました。

地域の有志が力を合わせて落書きを消す様子を「前編」として、密着取材動画でご紹介します。

 

今回、初めての試みとなったのは落書き消し後に行われた橋脚アート実験。マスキングテープによる「ハートアート」の制作です。

橋脚アート

橋脚という公共インフラに市民の手で作ったアート作品を展示するものです。その様子は後編としてまとめました。下記のリンクからご覧ください。

【動画リポート】R246橋脚アート実験・ハートアーティスト西村公一さんに聞く|フルタニDの街歩き | futakoloco

 

 

 

 

名称
R246新二子橋
所在地
世田谷区玉川三丁目

この記事を書いた人

古谷 健治

古谷 健治

元テレビディレクター。世田谷八幡山で生まれました。多摩川を挟んだ中原区で育ち、横浜市あざみ野で暮らしています。筑波大学メディア創成学類で「映像制作実習」の講座を受け持ち、非常勤を2年続けたことから動画に関心を持ちました。現在シニアユーチューバーをめざして特訓中です。チャンネル登録お願いします。