せたがや地場野菜「大蔵大根」、園芸高と玉川高島屋お惣菜専門店で煮物コラボ販売中

毎年大好評のこの企画、玉川高島屋S・C地階 お惣菜の人気ブランド「まつおか」と都立園芸高等学校(世田谷区深沢)がコラボレーションした「大蔵大根煮」が11月22日(水)〜28日(火)の期間限定で販売中です。

二子玉川エリアでよく耳にする「大蔵大根」、どのような大根かご存知でしょうか。1960年代から70年代までは世田谷の至るところで栽培されていた品種。1977年に誕生した、病気に強く栽培しやすい「青首大根」種の普及に伴い、白首系の大蔵大根は次第に姿を消して行ったのです。

しかし1997年、区内農家の方々が「区内の農産物をPRするためにも、地元“大蔵原”ゆかりの野菜である大蔵大根を見直そう」と、再び栽培をはじめ、今では「せたがやそだち」の地場野菜の一つとして親しまれています。二子玉川エリアの小学校や幼稚園では、農業体験学習として農家の指導の下栽培を行い、給食で食す機会もあります。世田谷区の公式サイトでもせたがやの地場野菜「大蔵大根」で、大蔵大根を使った料理レシピなどを紹介しています。

そんな二子玉川エリアの地場野菜「大蔵大根」とコラボしたのが、名古屋発祥のおふくろの味「まつおか」。手羽先や味噌かつが有名ですが、店頭に並ぶお惣菜の大鍋や大皿が、忘れかけている日本の食文化をふと、思い出させてくれます。二子玉川エリアにある園芸高校とのコラボレーションも、食の安心・安全に対する強いこだわりが伝わってきます。

「大蔵大根煮」(100g 324円)は、各日正午頃からの販売。11月25日(土)午後3時~4時には、園芸高校の生徒さんが直接店頭にて「大蔵大根煮」をご紹介してくださるそうですよ!(※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。)

こっくりと煮込んだアメ色の大根、角煮、玉子で、ご飯も進みそうです。
せたがやの地場野菜「大蔵大根」をぜひ味わってみてください。

この照りで食欲増進
店頭の様子
名称
玉川高島屋S・C 地階 まつおか
所在地
世田谷区玉川3-17-1

投稿者: まっつん

子育てしながら日々変わってゆく二子玉川を約30年みてきました。 二人の娘も成人し、これからは自分の時間をゆっくり楽しく美味しく過ごしていきたいです。 趣味の津軽こぎん刺しのワークショップ開催につきましてはフタコロコ編集部(info@futakoloco.com)へ、お問合せください。