【春レポ2018】用賀神社「一福の松」とSBSタワーからのパノラマ

雪が降って2日目、朝は冷え込みましたが日中はあたたかな陽射し。春を探しに二子玉川から少し足を延ばして、用賀駅周辺にやってきました。用賀駅は砧公園の最寄駅で、1月13日から始まった世田谷美術館の「ボストン美術館 パリジェンヌ展」のポスターがあちらこちらに掲示されていました。

そこから桜新町方面へ歩くこと約5分、用賀神社へ。雪は残っているものの、歩道は歩きやすく掃き出されていました。拝礼の後、本殿脇に立つ「一福の松」を発見。説明書きによると、平成23年ごろに出来た赤松のこぶが、日1日と育っているそうで、「氏子の皆さんがそのコブにさわり無心に祈祷すると不思議と願い事が数日間の後に叶う」と話題になり、平成28年2月1日に「一福の松」と銘命されたそうです。受験の季節柄、「春の訪れ」を祈る方も多いでしょう。

その後は用賀駅上にそびえ立つ27階建のビル「世田谷ビジネススクエア」から(SBS)から二子玉川方面を眺望しました。多摩川の河川敷が白く浮き立つ様がとてもきれいでした。

…と、春レポというには春が見つけられなかったのですが、「春の気配を探す」のも春のうち!ということでご容赦くださいませ〜

用賀神社参道から
一福の松
一福の松
境内から見えるSBSタワー
用賀駅周辺に掲示されている世田谷美術館のポスター
SBSから望む二子玉川方面・奥が多摩川
SBSから望む二子玉川〜武蔵小杉方面
名称
用賀神社
所在地
世田谷区用賀2-16-26

投稿者: こばなお

二子玉川まちメディア「futakoloco 」編集長。玉川町会事務局職員。二子玉川カヌー部部員。多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住14年。座右の銘は名前の通り”straight from the gut”。2018年は「二子玉川列伝」の執筆に取りかかります!