多摩川に「春告げ魚」到来~マルタウグイ遡上レポート2018スタート!

 3月4日(日)にまちづくり団体「二子玉川エリアマネジメンツ」が実施した、「かわのまちアクション マルタウグイ産卵環境づくり」。約80人の老若男女が、川底の石の苔をそげ落とす作業などを行い、多摩川の在来魚であるマルタウグイの産卵床づくりを行いました。

 そして本日ついに!産卵床にマルタウグイの姿が見られました。それもたくさん!岸辺からもその赤い尾びれが十分に確認できました。

 同イベントでご指導された、地元在住で多摩川漁業協同組合の谷津田春吉さんによると、魚の姿を確認できたのは今日が初めてとのこと。通常大潮(新月・満月の前後)の際に遡上が多くみられるとのことで、カレンダーからすれば今週末3月16日(金)、17日(土=新月)、18日(日)が観察日和ということになります。

 谷津田さんはこれから急ぎ囲いを作り再度整備を行うとのことでしたが、「ぜひ作業に参加された方々に、マルタウグイの姿を見に来てほしい」と話されています。ただし、産卵をひかえたお魚はとても繊細ですので、できるかぎり川岸からの観察をお願いいたします。双眼鏡や偏光サングラスの活用がおすすめですよ。

 皆さまからのマルタウグイの画像も募集します!ぜひfutakoloco編集部(info@futakoloco.com)へお送りください。レポートでご紹介させていただきます。

列をなすように泳ぐマルタウグイの背びれと尾びれ
ちょこっと顔が見えた!
もうちょっと跳ねてほしかった!
産卵環境づくりの作業スタッフで観測中。
産卵環境づくりを指導してくださった谷津田春吉さん。
名称
多摩川河川敷
所在地
世田谷区鎌田2

投稿者: こばなお

二子玉川まちメディア「futakoloco 」編集長。玉川町会事務局職員。二子玉川カヌー部部員。多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住14年。座右の銘は名前の通り”straight from the gut”。2018年は「二子玉川列伝」の執筆に取りかかります!