花さんぽ♯43 マルタの桜

あちこち桜が散り始め、お花見もそろそろ終盤。
マルタウグイが多摩川に産卵に来る頃、産卵床の近くの土手の桜が咲きます。
漁協の谷津田さんのおうちの目の前の桜。毎年、産卵床を作って、マルタウグイを呼び込んで、朝に夕に、土手に立って多摩川を見ている谷津田さん。この桜は、55歳くらいだそう。
ずっとここで多摩川を見ているのかな。
来年も、また。

これは夕暮れどき 二子玉川が見えます 満開のころ 犬とお散歩のところ ミキとお話し「また、鮎が解禁になったらおいで」 おまけ、原っぱに続くユキヤナギ

花さんぽ♯41 色まざる花

https://futakoloco.com/5636/

名称
多摩川土手
所在地
世田谷区宇奈根

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。
リニューアル前の旧コラム(2019年2月まで)はこちらから読めます