2/15(金)講演会「五味太郎さんに聞く 教育っていったいなんだ?」、地域のママグループが企画

 各地で教育の変革が進む昨今、地域のママたちのグループ「ひょっこり兵庫島」が、絵本作家の五味太郎さんの講演会「五味太郎さんに聞く 教育っていったいなんだ?」を企画しました。講演会は「これからの時代の教育、どの時代にも通用する教育について考える内容」。前半は「五味太郎流の教育論」の話、後半は「親の疑問や悩み相談」の二部構成。詳細は掲載のフライヤーやリンク先をご覧ください。

 「ひょっこり兵庫島」は、世田谷区立二子玉川小学校PTAの母親10人が、地域の緑豊かな河川敷公園「兵庫島」で野外遊びの場を作り、「子育てしやすいまちづくり」に貢献することを目指し2014年から活動を開始。

 主な活動は「ガサガサ」(網を使った川の生き物探し)、セミの羽化観察会、多摩川を泳ぐ安全教室、草木染め、虫取り、釣り教室、野草で天ぷら作り、など。毎回、キャンセル待ちがでるほど好評を得ているそうです。

 二子玉川エリアの水辺をフィールドとする「NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク」や「きぬたまあそび村」とも連携し、世田谷区や世田谷トラストまちづくりから助成金を得て活動しています。ぜひ一度、同グループの活動を見学がてら、著名な絵本作家による教育についての講演会に参加してみては?

【講演会概要】
「五味太郎さんに聞く 教育っていったいなんだ?」

 日時:
  2月15日(金)午後3時~午後5時(開場2時半)

 場所:
  二子玉川ライズ  カタリストBA
  (世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8階)

 参加費:
  大人1,000円  小学生以下500円
 (託児サービスはありません)

 定員:
  100人

 ※申込み方法
  お名前/お電話番号/参加人数を明記の上、
  メールにてお申込み下さい。yagaiasobi@gmail.com(担当 辻)

講演会フライヤー
過去の活動の様子(兵庫島で虫取り)
名称
二子玉川ライズ カタリストBA
所在地
世田谷区玉川2-21-1
  • 149
  •  
  •  
  •  
  •  
    149
    Shares
  •  
    149
    Shares
  • 149
  •  
  •  
  •  

投稿者: こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。 多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。

関連記事