【futakoloco特別入場割引券付き】静嘉堂文庫美術館『岩﨑家のお雛さまと御所人形』

~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~ 岩﨑家のお雛さまと御所人形
Commemorating the Donation by Kiyomi Kirimura ; Hina Dolls and Gosho Dolls of Iwasaki Family

先日、「花さんぽ」で紅梅と水仙をご紹介しましたが、岡本の国分寺崖線の丘上に建つ静嘉堂文庫美術館で、ステキなお雛様の展示が始まっています。今回、私のオススメの一番は、八千草薫さんの「音声ガイド」。こちら、有料になってしまうのですが、ぜひ、聴いてほしいです。

八千草薫さんは静嘉堂文庫美術館のご近所に住まわれています。谷口監督がご存命のころは、私もよくお二人で犬の散歩をしている姿をお見かけしました。ただの近所のものですが、「おはようございます」と声をかけると、優しい声で当たり前に「おはようございます」と返してくださいました。

今回のお雛さまの展示を、八千草さんの音声ガイドを聴きながら観ていったとき、私は、なんだか、映画を観ているような気持ちになりました。美術館の音声ガイドは好きでよく聴きますが、こんな風に思ったことはなく、貴重な体験でした。

 会期中には呈茶や、講演会といった、イベントもあります。
饒舌館長のトークも面白いですが、学芸員さんの解説を聴きながら観ていける「列品解説」も、オススメ。
 
 今回の展示は、なんだか、ひとつひとつのお人形にこめられた想いが感じられて、ひとつひとつのお人形に「おかえりなさい」と声をかけたくなりました。
「おかえりなさい、お雛さま」

----------------------------------------------------------------------------------------------------
会期:2019年1月29日(火)~3月24日(日)
休館日:月曜日(2月11日は開館)、2月12日(火)
開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入館料:一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
※団体割引は20名以上
※リピーター割引:会期中に本展示の入館券をご提示いただけますと、2回目以降は200円引きとなります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
会期中のイベント

◆雛の季節―呈茶〈表千家 渡辺社中〉
先着150名
▶2月10日(日) 11:00~15:00 地階講堂にて
窓から梅園をご覧いただきつつ、お抹茶と和菓子をお楽しみ下さい。
呈茶券(700円)は、当日受付にて販売。

◆講演会
地階講堂にて、各回定員120名。当日入館者聴講無料

▶3月3日(日)   「近代美術工芸としての雛飾り」
林 直輝(はやし なおてる)氏 (日本人形文化研究所所長・日本人形玩具学会理事)
 13:30~15:00頃 ※開館時より整理券配布

▶3月17日(日)  
河野元昭館長のおしゃべりトーク「饒舌館長“光琳と抱一の春”口演す」 
 13:30~15:00頃 ※開館時より整理券配布

◆静嘉堂“春”のコンサート 自由席先着100名
▶3月23日(土)  14:00~15:00頃  
東京藝術大学大学院在学中『Quintetto REGALO』による“木管五重奏”で楽しいひとときを!
※無料・予約不要。地階講堂にて開始1時間前より整理券配布(1名様につき1枚)。整理券の番号順にお入り頂きます。

◆列品解説
展示内容・作品について担当学芸員が解説します。(展示室にて)
▶2月14日(木)・3月14日(木):午後2時~
▶2月9日(土)・3月9日(土):午前11時~

ステキなおひなさまがたくさん。
三人官女の後ろに鏡が置いてあります。
お人形の後ろ姿も眺められるように展示に工夫がされているのです。
お道具好きになたまらない展示
お人形だけでなく、楽しめます。
こちらのお人形に描かれているひとつひとつの柄がステキでした。お顔ももちろんかわいい。
今回の展示を担当されている学芸員の長谷川さん。列品解説の日以外でも、質問などあればお気軽にお声をおかけくださいとのこと。
futakoloco 特典【静嘉堂文庫美術館入館割引券】この画像を受付で提示していただくか、プリントアウトしてお使いいただけます
名称
静嘉堂文庫美術館
所在地
東京都世田谷区 岡本2丁目23番1号
  • 25
  •  
  •  
  •  
  •  
    25
    Shares
  •  
    25
    Shares
  • 25
  •  
  •  
  •  

投稿者: ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。