花さんぽ ♯1 崖線

立川・国分寺から世田谷区を通り大田区まで約30キロに渡って続く崖の連なり「国分寺崖線」。「奥ふたこ」(鎌田、岡本、宇奈根周辺)の丸子川には湧き水が流れ込み、二子玉川駅方面からのこの崖線沿いのお散歩はこれからの季節のオススメです。

ハナニラ
河原には、オオイヌフグリが咲き始めたよ
オマケ 野川にはナノハナかな、カラシナかな、黄色い絨毯
原っぱはまだだけど、丸子川沿いのユキヤナギは咲きそろった
岡本公園民家園の桜咲き始めたよ
丸子川に流れ込む湧き水とツバキ

名称
国分寺崖線
所在地
世田谷区岡本2丁目19-1

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。
リニューアル前の旧コラム(2019年2月まで)はこちらから読めます