砧公園で非東京を体感する

前回世田谷美術館を訪れた後、少し時間ができたので「砧公園(きぬたこうえん)」を散策してきました。

東京とは思えないほどの緑

細く整備された歩道に沿って大木が並びます。木陰は涼しく暑い日差しもかなり和らぎ、東京とは思えないほど非常に歩きやすい環境です。

向こう側はグランドになっていて犬がはしゃぐ

にしても広い、とにかく広い。広すぎる。ぼーっと歩いてても全然進んでる気がしないくらい見える先が遠い。ランニングスポットとして有名なのでしょうか、走ってる人がいっぱいいます。彼らは同じコースを何周もするので同じ場所でじっとしていると何回も同じ人に会うことができます。見かけたら心の中で応援してあげましょう。

圧倒的な大自然

芝生の上ではいろんな人がそれぞれの時間を満喫しています。ちびっこのサッカー教室、子供と遊んでるパパ、まだ首の座ってない赤子をあやすお母さん、ビールを片手に瞑想にふけるおじさん。みなさんとても楽しそうです。

額紫陽花です いい具合に咲いてきました

途中で紫陽花が咲いているのを見かけました。これはガクアジサイ(額紫陽花)ですね。本来ならふさっとなる所の周りにだけ花を咲かせる紫陽花です。決して咲きかけとかじゃありません。

 

公園全体の半分ほど見回って疲れてきてしまいました。いや本当に広い。途中ですがここで撤退、今度時間がある時にゆっくりと全体を散策したいと思います。ちなみに帰りには上野毛駅で二郎らーめんを食べました。幸せになりました。

名称
砧公園
所在地
東京都世田谷区砧公園1−1 砧公園

この記事を書いた人

いちさん

いちさん

東京都市大学4年.コンピュータ触って生きてます.研究の休憩とか,大学院に行く準備をさぼるためとか,いろんな口実をつけて美術館に逃げる日々です.