【レポート】世田谷美術館の「高橋秀+藤田桜ーー素敵なふたり」

 
砧公園入り口の展覧会看板
世田谷美術館では7月6日から企画展「高橋秀+藤田桜ーー素敵なふたり」を開催しています。
 
高橋秀の作品は魅惑的な曲線とムラなく塗られた単色が特徴的です。一つ一つの作品はサイズが大きく、目の前に立ってボォっと眺めていると広く塗られた色に飲み込まれてゆく感覚がします。一部の作品には金や銀の色も使われていて、しかしそれらは決して派手ではなく、むしろ同時にかかれている黒や深緑などの方が強く強調されるように見えます。どの作品も、曲線や色合いやタイトルから様々な考察を考えたくなるようなものばかりです。
 
一方藤田桜は「布貼り絵」という、布を用いたコラージュによって作られる絵本などが多く展示されています。特に『きのっぴお』や『きんのがちょう』などの絵本は、布の切り貼りで作られたとは思えないほど繊細にキャラクターが描かれており、まさに誰が見ても可愛いと言えます。
 
今回の展覧会では彼らの多くの作品の他に、所々に二人のインタビューが掲載されています。この夫婦がいかに仲がよろしくて、アーティストとして互いに尊敬しあってるかが作品と共に紹介されていて、まさに本展覧会の名前にもある通り「素敵なふたり」なんだなぁと感じることができました。

世田谷美術館は都立砧公園内にあります。広大な敷地には自然豊かな風景が広がります。散策がてらに企画展へ訪れてみてはいかがでしょう。(過去記事でレポートしましたので参考にしてください 砧公園で非東京を体感する

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

〈イベント詳細〉

 
企画展「高橋秀+藤田桜ーー素敵なふたり」
期間:2019年7月6日(土)~9月1日(日)
開場時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日:毎週月曜日(7月15日、8月12日は開館)(7月16日、8月13日は閉館)

アクセス:東急田園都市線「用賀」駅より 美術館行バス「美術館」下車徒歩3分
入館料:一般1000円/高・大学生800円/中学生以下無料

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

名称
世田谷美術館
所在地
東京都世田谷区砧公園1-2

この記事を書いた人

いちさん

いちさん

東京都市大学4年.コンピュータ触って生きてます.研究の休憩とか,大学院に行く準備をさぼるためとか,いろんな口実をつけて美術館に逃げる日々です.