【futakoloco特別割引券付き】静嘉堂文庫美術館が再開「美の競演―静嘉堂の名宝―」6月27日(土)から

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月2日から臨時休館・休業していた静嘉堂文庫美術館ですが、緊急事態宣言解除に伴い、6月27日(土)開幕の「美の競演―静嘉堂の名宝―」より再開となります。

 再開にあたっては、感染防止対策のため、入館に際し「美術館再開に当たってのお願い事項」として検温・マスク着用等を呼び掛けています。事前にご確認の上、ご来館ください。

 「美の競演―静嘉堂の名宝―」は、三菱創業150周年となる今年、三菱の第2代社長の岩崎彌之助(1851~1908)、三菱の第4代社長の岩崎小彌太(1879~1945)蒐集の古典籍、東洋の古美術品を所蔵する静嘉堂では、今日に伝えられた絵画や茶道具、陶磁器、漆工芸、彫刻、刀剣などから名品を精選し、前・後期に分けて展観。

 展示室のエントランスでは、岩﨑家が明治から昭和初期にかけて所有した深川別邸(ジョサイア・コンドル設計、跡地は現在の清澄庭園)や麻布鳥居坂の本邸(跡地は現在の国際文化会館)に飾られていた作品が来館者をお迎えします。

 本展は、重要文化財13点、重要美術品8点を含む、各ジャンルを代表する作品から数点ずつを選び、「それぞれが互いの魅力を引き立て合い“競演”する様子を、楽しくご鑑賞いただけるような構成」で、「名宝のたたえる格式ある美、斬新な意匠、卓越した技を堪能いただければ」と同館。

 また、静嘉堂では開館以来、岩﨑家の社会貢献の精神を受継ぎ、わが国で作り出され、あるいは舶載された貴重な文化財を継承してゆくために、美術品の修理事業を行っており、同展では修理を終えて美しく蘇った山水画の屏風や掛幅、仏画や墨跡なども出品しているそうです。

 夏の緑深い季節、自然豊かな世田谷の杜の中の「美の競演」を、再び堪能しに足を運びましょう。同展のフライヤーはこちら(PDFが開きます)。

futakoloco特別入館割引券を活用しよう!

 静嘉堂文庫美術館はfutakolocoの協力団体です。下記の画像を受付でご提示いただければ入館料が200円引きになるフタコロコ特別割引サービスがありますのでぜひご利用ください。

futakoloco特別割引券

名称
静嘉堂文庫美術館
所在地
世田谷区岡本2-23-1

この記事を書いた人

こばなお

こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。


(旧) コラムの一覧はこちらのリンクをクリック