【コラム:まっつんの 今日もごちそうさまでした】#3 念願の「タマヤパン」(大阪・岸和田)に玉川高島屋S・Cで再会!

ちょうど1ヶ月前、玉川高島屋S・C西館1階アレーナホールで開催された、「第1回 にこたまパンまつり 2017~La Féte du PAIN ὰ Nikotama~」

事前チェックでとても楽しみにしていたにもかかわらず、当日のあまりの人の多さと長い行列で諦めてしまった、大阪岸和田の「タマヤパン」。なんと、5月17日(水)から23日(火)まで地階明治屋ストアー前のウイークリー催事場で出店中ということで、早速リベンジ⁉︎で行って来ました。

「添加物に頼ることなく、安心で美味しい本物のパンを味わっていただきたい」という同店の商品コンセプト。「生産者限定小麦」や「契約栽培小麦」を使用し、日本の小麦のおいしさを最大限に引き出したという、愛情たっぷりのパンが並んでいました。

今回は「北海道十勝 大和田さんの小麦で作った角食パン」(450円)と、高島屋の「味百選」にも選ばれている高島屋限定販売「復刻 本朝食パン1609」という山型の食パン(540円)を購入しました。

「大和田さんの角食パン」は少し甘みもあり、そのままでもトーストしてももちっとした食感で美味しくいただきました。

「山型の食パン」は今を遡ること400年、1609年(慶長14年)にスペインの航海士 ドン・ロドリゴ氏が残した「江戸のパンは世界最良といっても過言ではない」という言葉から名付けられたそうです。歴史を感じながら、またそれが高島屋限定販売ということにも感動しながら、シンプルにトーストでいただきました。耳はサクサク、中はもちもちで焼きたてを思わせるいい香り。美味しいパンはバターもジャムもいらないのですね。

粉だけではなく、砂糖や自家製酵母、手作りのクリームなどにもこだわりを持った、作り手さんの想いが伝わってくる同店の逸品を、ぜひ味わってみてください。

地階明治屋ストアー前のイベントスペースにて
角食パンと山型食パン1609
名称
玉川高島屋S・C地階
所在地
世田谷区玉川3-17-1

投稿者: まっつん

子育てしながら日々変わってゆく二子玉川を約30年みてきました。 二人の娘も成人し、これからは自分の時間をゆっくり楽しく美味しく過ごしていきたいです。 趣味の津軽こぎん刺しのワークショップも毎週金曜日「フタコのへや」にて 開催中。