テンプル大学ジャパンキャンパス新学長マシュー・ウィルソンが着任

 

写真: ジョシュア・ノエル(2019年TUJ卒業)

 このたび、9月14日付でテンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/以下、TUJ)の新学長に、マット・ウィルソンが就任しました。ウィルソンはテンプル大学米国本校法科大学院の同窓生であり、TUJへの留学経験もあります。

 ウィルソンは、TUJにてロースクール・ディレクター(2003-2005年)ならびに上級副学長(2004-2009年)を歴任し、2014年、アクロン大学ロースクール(米国オハイオ州)教授、学部長を経て、2016年同大学長に就任。2019年からミズーリ・ウェスタン州立大学(米国ミズーリ州)学長を務めました。

 TUJ学長就任にあたり、ウィルソンは、「母校のリーダーとして東京に戻れたことを大変嬉しく思っています」と抱負を語っています。

ビデオメッセージ「新学長就任あいさつ」はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=k9xnhCudVkI&feature=youtu.be

新学長マシュー・ウィルソンの経歴

https://www.tuj.ac.jp/jp/about/japan-campus/dean/profile.html

マット・ウィルソン氏(写真:TUJ提供)

名称
テンプル大学ジャパンキャンパス
所在地
東京都世田谷区太子堂1-14-29

この記事を書いた人

こばなお

futakoloco 編集長。二子玉川エリア在住16年。出版社勤務を経て、ローカルニュース記者からロコカタリスト(地域の触媒)へ!「街の記録係」「Story Teller」という視点を核に、活動を続けています。

玉川町会100年懇話会事務局担当。(一社)二子玉川エリアマネジメンツ職員。 フリーランスで公民連携分野のライターをぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。