【動画リポート】街にエールを~二子玉川・フタコハートストリート~ 街歩き

二子玉川商店街をマスキングテープでつくったハートの作品で埋め尽くす「フタコハートストリート」

6年目を迎えた第7回目が、10月4日(日)から11月8日(日)まで二子玉川商店街周辺エリアで開催されています。

ハートの作品づくりは参加する店舗や希望者の事情にあわせて、数日前からはじまりました。その様子を動画で取材しました。

作品作りを支援するのはハートアーティストの西村公一さん。

今年のテーマは「ハートで街にエールを!」

新型コロナ関係で沈みがちな世の中の気分を、明るいハートのデザインで盛り上げようというのが狙いです。

呼びかけに応えて店先のスペースを提供してくれるお店も回を重ねるごとに増えました。

この期間、参加希望者が制作した50点を超える作品が街を彩ります。

こうした取り組みは長年の積み重ねが実ってできあがったもの。

今年の夏は二子玉川の水辺へ展開する新しい動きがありました。

橋脚清掃とハートアート

二子玉川にかかる国道246号線の新二子橋。

街の人が集まって橋脚に書かれた落書きを消し、壁面にマスキングテープでハートの絵を描いたのです。

【動画リポート】R246橋脚落書き消し密着取材 |フルタニDの街歩き – futakoloco

公的な場所をキャンバスにした西村さんのアート作品が、7年の時を経て国道橋脚へと展示されたことは、地域にとって記録すべき大きな一歩になりました。

アートに興味ある方、二子玉川が大好きな方は来られてみてはいかがでしょうか。

◆フタコハートストリートについての情報はこちらから

フタコハートストリート | Facebook

二子玉川商店街振興組合
フタコハートストリート7

10月4日(日)〜11月8日(日)
二子玉川商店街各店(二子玉川駅徒歩5分)

名称
二子玉川商店街振興組合  フタコハートストリート7
所在地
東京都世田谷区玉川3丁目、4丁目

この記事を書いた人

古谷 健治

古谷 健治

元テレビディレクター。世田谷八幡山で生まれました。多摩川を挟んだ中原区で育ち、横浜市あざみ野で暮らしています。筑波大学メディア創成学類で「映像制作実習」の講座を受け持ち、非常勤を2年続けたことから動画に関心を持ちました。現在シニアユーチューバーをめざして特訓中です。チャンネル登録お願いします。