【動画リポート】ありがとうフタコハートストリート7 みんなでマスキングテープのハートをはがして終了!|街歩き

二子玉川商店街の加盟店で開催された「フタコハートストリート7」。開催期間の終了日の11月8日(日)、作品の片付け作業が行われました。

街を飾ったハートのオブジェ。その片付け作業の様子の模様を動画にまとめました。

フタコハートストリートは、二子玉川商店街に加盟する商店の店先が舞台です。

公募によって選ばれた一般参加者がマスキングテープを使って商店の店先に思い思いのハートのオブジェを描きます。

6年目を迎えた今年のテーマは「まちにエールを」。

コロナの影響で気持ちが沈みがちな街の気分を、色とりどりのハートのモチーフで盛り上げようというのが狙いです。

片付けに参加するのは作品制作にかかわった方たちです。

シャッターをキャンバス代わりに描いた作品を写真に残す参加者もいました。

粘着力が弱いマスキングテープは、はがしても貼りなおすことができます。片付けが終わった作品の一部を小さなオブジェに作り直したり、そのまま自宅に持ち帰る参加者もいるなど、参加者のみなさんは思い思いにイベントの余韻を楽しんでいました。

名称
二子玉川商店街
所在地
東京都世田谷区玉川3丁目、4丁目

この記事を書いた人

古谷 健治

古谷 健治

元テレビディレクター。世田谷八幡山で生まれました。多摩川を挟んだ中原区で育ち、横浜市あざみ野で暮らしています。筑波大学メディア創成学類で「映像制作実習」の講座を受け持ち、非常勤を2年続けたことから動画に関心を持ちました。現在シニアユーチューバーをめざして特訓中です。チャンネル登録お願いします。