【Pon’s Works】#5 「KanAsami」(カナサミ)「繋いだ手コンサート」

2017年11月23日(祝・木)瀬田四丁目 旧小坂緑地で開催される「KanAsami 繋いだ手コンサート」フライヤーのデザインを担当しました。
KanAsamiのアサミちゃんとは、原っぱ(きぬたまあそび村)の活動で出会った仲間で、私のイラストを気に入ってくれて、楽曲に合わせた紙芝居やコンサートチラシ、アルバムのイラスト&デザインも担当させてもらった。だからといって、宣伝するわけでは決してない。
落ち込んだ時にも音楽を聴く。気分を前向きにしてくれるアーティストには、感謝すらしている。寄り添ってくれるアーティストリストの中に、「KanAsami」(カナサミ)がしっかりいる。

楽曲「繋いだ手」を聴くと、自分は、田舎の友達や家族、古い仲間たちによって支えられてきたのだと思い出し、1stアルバム「KanAsamiワンダーランド」に入っている「ひかり」は、天国に行ってしまった仲間を想い、グッとくるフレーズでは、鼻がツーンとして歌おうとしても歌えない。

「この世は、誰かが誰かを想うキモチでできている。」とアルバムの帯に言葉が入っているが、その言葉は、KanAsamiが想い、想われた誰かからもらった言葉で私にもしっくりくる。自分の生活も、家族や友達、仲間との想ったり想われたりで、できている。「今日も明日も」そうやって。

「KanAsami」の音楽を、みんなに聴いてほしい。
「大人だって泣きたいときがある、子どもだって守りたいものがある」をコンセプトに、ワークショップ&コンサートを行っています。詳しくはブログ「風のにおい」をチェックしてください。

11月23日(祝・木)には、「瀬田四丁目 旧小坂緑地」で「繋いだ手コンサート」があります。絵本の歌い聞かせや打楽器を使ったリズム遊びなど、子どもも、子どもだった大人も、音楽を通して自由に楽しめる内容を組み立てたコンサート。グッとくる「ひかり」も聴けるかも。詳しくはコンサートチラシを見て、ぜひ、あそびに来てね。

描き文字と、手型コラージュで楽しく!

 

1stアルバム「KanAsamiワンダーランド」オリジナルTシャツも近日公開!

KanAsamiプロフィール
Gt/Vo Asamiと、Key/Vo kanaのツインボーカルユニット、KanAsami。2009年、玉川大学教育学部教育学科卒業。在学中は、幼児・児童音楽教育を学ぶ。2011年4月より活動開始。質感の違う2人の声で、上下を自由に行き交うコーラスワークが特徴。
現在は、全国の幼稚園・保育園、児童館や親子向けのイベント等で絵本の歌い聞かせや打楽器を使ったリズム遊びなど、大人も子どもも音楽を通して自由に楽しめる内容を組み立て、コンサートを行なっている。

【Pon’s Works】#4 五島美術館 お散歩マップ2017秋冬号

http://futakoloco.com/column/pon/3593

名称
所在地

この記事を書いた人

本城晴美

本城晴美

イラストレーター/デザイナー/ハンドメイド作家/NPO法人せたがや水辺デザインネットワークスタッフ/ポンこと本城晴美。富山県生まれ。セツモードセミナーで絵を学ぶ。キャッチ&エラーで好きなことをとことん派。多摩川の自然と子どもが大好き。みんなでモノづくりを楽しみたい。