新年の祝酒:福光屋「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一八」

今年も残すところ今日一日となりました。お正月の買い物客で大にぎわいの玉川高島屋S・Cですが、地階の「サケショップ福光屋」では毎年大好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から、来年の干支「戌」のイラストと、西暦「二〇一八」をラベルに配した、お正月にふさわしい季節限定酒(500ml 税込 1,620円)が発売されています。

福光屋のハウスブランドでもあり、お料理の味を引き立たせてくれる「福政宗」は酒米の最高峰「山田錦」を契約栽培し、伝統の技で丹念に仕込んだ、初々しく香り高い純米大吟醸酒です。

干支ラベル(アートラベル)は、画家・牧野伊三夫氏によるもので、健勝と子孫繁栄の象徴とされる招福の縁起物・犬張子をモチーフに、初日の出とともに鮮やかな朱一色で描かれています。くもりガラス風に加工されたフロストボトルと和紙風シール、金の箔押しを採用し、上質で華やかな和の趣を表現しています。お年賀や、新年の祝酒、パーティーでの乾杯酒におすすめします。

干支の戌と年号のアートラベル
店内の様子
名称
玉川高島屋S・C 南館
所在地
世田谷区玉川3-17-1

投稿者: まっつん

子育てしながら日々変わってゆく二子玉川を約30年みてきました。 二人の娘も成人し、これからは自分の時間をゆっくり楽しく美味しく過ごしていきたいです。 趣味の津軽こぎん刺しのワークショップ開催につきましてはフタコロコ編集部(info@futakoloco.com)へ、お問合せください。