【フォトレポート】二子玉川・2017年最後の落日

大晦日、今年最後の日も暮れました。二子玉川エリア在住の方より、落日の様子について画像をご提供いただきましたのでご紹介し、futakoloco2017年の最後の投稿としたいと思います。

この辺りは瀬田の通称「夕日が丘」とされている場所で、国分寺崖線上に立つ古刹・行善寺の近くです。ここから富士山と夕日を眺めることができ、田園都市線がちょうど地下に潜る場所でもあるため、知る人ぞ知る撮影スポットです。

今年は残念ながら夕日を拝むことはできなかったそうですが、味わいのある夕焼け空を見せてくれました。画像に写る通り、同所の正面はマンション建設中のため、来年は少し風景が変わるかもしれませんね。

今年3月10日発進した二子玉川のまちメディアfutakoloco。まだまだメディアとしては途上ですが、見据えている夢は壮大です。ステップバイステップで、まずは地域の皆さまのご支持をいただけるように日々のニュースを丁寧に積み重ねていきたいと思います。

記事をお読みいただいた皆さま、Facebookでいいね!をいただき記事を共有してくださった皆々さま、取材にご協力いただいた皆さまへ心よりお礼申し上げます。

来年も編集部一同、和気あいあいと楽しく、さまざまな発信を行ないます。引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

2017年12月31日の落日(画像提供: 星秀一郎さん)

名称
瀬田 夕日丘付近
所在地
世田谷区瀬田2

この記事を書いた人

こばなお

こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。