【中止】11/10 市民科学プロジェクト「秋の多摩川の水辺の外来植物さがし」

【中止のお知らせ】
台風19号の影響により調査地である多摩川兵庫島公園周辺が
大人数での立入りが 制限されており、また調査対象の植物の生育が見られないため、
やむなく開催を中止することとなりました。
ご参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
何卒、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

/////////////////////////////////////////

先日の台風では、日頃遊んでいる兵庫島、河川敷の公園やサッカー場などが川の流れにのまれ、自然の猛威に驚いた子供たちもいたことでしょう。また水辺でのアクティビティを楽しめる日が早くやってくるとよいですね。
さて、水辺の植物に影響はあったのでしょうか。2016年に始まったこのプロジェクトは8回目。子供から大人まで大勢の参加者が集めたデータが貴重な資料として蓄積されています。参加した皆さんも多摩川を歩きながら自然に触れ、外来植物について知ることができます。スマホを片手に、調査に参加してみませんか?

市民科学プロジェクト「秋の多摩川の水辺の外来植物さがし」

20191110-多摩川外来植物探し

河川敷には多くの植物が生育していますが、最近では海外から持ち込まれた外来植物が増えています。
最新の水辺の国勢調査の結果では、多摩川の水辺の植物の約4割は外来種と報告されています。
しかし、この調査は極めて限られた地点でしか実施されておらず、行政、研究者の調査だけでは、実態を十分に把握するには不十分です。
そこで子どもたちと市民の力でスマホを利用して外来植物の調査を行い、その分布をマップに書き込み、その日のうちにみんなで情報共有します。
多摩川に気づかないうちに入り増えている外来植物という視点から、多摩川を見直してみませんか?

悪天候時は中止。悪天候の場合のみ、当日朝8:00 までに実施か中止の判断をメールでご連絡いたします
※晴天の場合はメールはお送りいたしません

◆日時:2019年11月10日(日)
10時~15時30分(9時30分 受付開始)

◆集合:東京都市大学二子玉川夢キャンパス

調査方法の説明を聞いたら、河川敷に出発!
兵庫島公園で外来植物を探して、スマホを使い外来種の記録、写真、位置情報をピッと送信。
午後は夢キャンパスで情報を集約、調査結果をシェアします。

◆対象:子どもから大人まで
小学3年生以下は、保護者同伴でお願いします。

◆持ち物・服装
〇スマートフォン・タブレットなど通信機能を持つ携帯端末(お持ちの場合)
※ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)がインストールされている端末
※iOS、Androidどちらでも可
〇筆記用具
〇フィールドでの活動になります。履き慣れたクツ、木や草の枝葉で肌を傷つけることもありますので、長そで、長ズボンでお越しください。

◆定員:100名(先着順)

◆費用:無料

※会場では、記録・広報のため写真撮影を行う予定です。不都合のある場合は、当日会場でお申し出ください。

◆お問い合わせ:NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク
Mail(担当 中西宛): s.nakanishi@mizubedesign.org

【主催】TCU市民科学プロジェクト室、(一社)生物多様性アカデミー、NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク
【協力】東京都市大学、二子玉川エリアマネジメンツ

名称
東京都市大学 二子玉川夢キャンパス
所在地
東京都世田谷区玉川2丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス8階

この記事を書いた人

enega和

enega和

二子玉川で子育て中のお母さんグループ「enega和(えんがわ)」です。
居心地のよい「たまりば」を通じて、身近な地域で人と人とのつながりをつくり、力を発揮できる機会を増やそう!と考え、活動しています。
“たまりば創出プロジェクト”第一弾として、中高生のための自習室を運営中。