【二子玉川ライズめだかの池 カルガモ観察日記】01: カルガモ夫婦の訪れ

 立夏が過ぎ、今年も二子玉川ライズの屋上庭園4階「めだかの池」へカルガモ夫婦が時折訪れるような季節となりました。

 まだ巣や卵は発見されておりませんが、1ヵ月ほどすれば確認できるのではないかと思います。

 これまでにも度々顔を出してきましたが(二子玉川ライズ「めだかの池」カルガモについての記事一覧)、二子玉川ライズのカルガモお世話係(「カルガモ王子」と呼んでいただくこともあります…笑)こと私、江南俊希が今年の巣作りから雛の誕生そしてお引っ越しまでをフタコロコでレポートすることになりました。

私がカルガモのお世話をしている江南俊希です。(通称カルガモ王子)

 カルガモたちの行動ファーストで不定期なレポートとなるかもしれませんが、ぜひ地域の皆さまには私たちと一緒にカルガモの成長を見守っていただければと思います。

 第1弾は4月23日のカルガモ夫婦が遊びに来た様子です。二子玉川ライズの屋上庭園から国分寺崖線へと向かって空を悠々と飛ぶ姿は、なんとなく感動します。

 なお、二子玉川ライズ屋上庭園は現在、緊急事態宣言発令による同施設の臨時休業に伴い閉鎖中となっています。私自身も在宅勤務で直接観察する機会が減っており、とても寂しいですが、できるかぎりリモート体制を駆使してお知らせしていきます。

 めだかの池が開放され、直接カルガモたちをご覧いただける日まで、どうぞこの観察日記をお楽しみください!

※ルーフガーデン閉鎖については、以下でご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大に伴うルーフガーデン閉鎖のお知らせ(二子玉川ライズ公式サイト)

名称
二子玉川ライズ めだかの池(屋上庭園4階)
所在地
東京都世田谷区玉川1-14-1

この記事を書いた人

アバター

特別寄稿