【生きることはアートだ!9】 仲代劇堂公演「シェイクスピアの言葉を泳ぐ~無名塾とシェイクスピア~」

 岡本の国分寺崖線の上に建つ「無名塾 仲代劇堂」で、上演中(21日まで)の「シェイクスピアの言葉を泳ぐ~無名塾とシェイクスピア~」を観てきました。17日(火)19時開演、周囲はすでに真っ暗、閑静な住宅街の一角に「仲代劇堂」はあります。

 この記事の前編はこちら→【ゆかが行く!お稽古潜入レポート】仲代劇堂公演「シェイクスピアの言葉を泳ぐ~無名塾とシェイクスピア~」

ロビーで案内をしてくれるのも役者さん。

 今回の作品は山崎清介さんの構成、演出で、シェイクスピアの「ハムレット」・「ロミオとジュリエット」・「リチャード三世」・「マクベス」の4作品のシーンの抜粋が巧妙に構成されています。

いつもはお稽古場として使っているフロアが「仲代劇堂」に。今回は、前回観た「野鴨」とは舞台設定の位置が違いました。写真提供:無名塾

 ハムレットの名セリフと言えば、私のようにあまりハムレットを知らない人でもわかる「to be or not to be」というのがありますが、この作品の中では、そのセリフが「死ぬ・眠る・それだけだ」(翻訳・小田島雄志)というフレーズで繰り返し使われます。

今回のプロデュースも手掛ける鷹野梨恵子さん(写真提供:無名塾)

 巧妙に交錯する4作品の登場人物(たぶん、総勢20人以上)を5人の役者が演じる。

写真提供:無名塾
写真提供:無名塾

 目の前で繰り広げられるシェイクスピア劇場。ストーリーが在るようで無く、無いようで在る

 受け取る人が受け取ったことが全て。今回、無名塾に行ったことがないという、イラストレーターのポンちゃんを誘ってみました。

私・鷹野さん・ポンちゃん

 果たして、とても感激してくれて「役者さんの目力がすごい。なんだか違う世界にいるようだった」とのこと。私たちは無名塾まで自転車で5分~10分くらいのところに住んでいるのですが、帰り道で立ち止まって結局1時間くらい語り合ってしまいました。そして「自転車でいけるところに、あの劇場があるなんて幸せ!次の6月の公演も観に行こうね、」と約束して別れました。

次回の「稽古場公演」はサロメ。なんと、今回出演の鷹野さん、中山さん、篠山さんがご出演。ポンちゃんは、中山研さんの「目力」に「やられてしまった」とのこと。

 残すところあと4日、土曜日の千秋楽のチケットは売り切れですが、水木金のチケットはまだあるそうです。(17日の夜の部も、行ったら満席になっていましたので、お早目にお問合せください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪公演詳細≫

無名塾稽古場公演2019『シェイクスピアの言葉を泳ぐ』

~無名塾とシェイクスピア~ 構成・演出:山崎清介

12月15日(日)~21日(土) @仲代劇堂(世田谷区岡本1-6-2)

15日(日)14時公開GP/19時初日

16日(月)14時

17日(火)   19時

18日(水) 14時/19時

19日(木) 14時

20日(金) 14時/19時

21日(土) 14時※完売

出演 中山研・本郷弦・篠山美咲・井手麻渡・鷹野梨恵子

チケットご予約フォーム

平日11:00~15:00は電話でも受け付けているそうです

無名塾:03-3709-7506

———————————————————————-

 稽古場公演は役者さんと間近でお話できるのも魅力のひとつ。 今回、たまたま同じ回に、たまプラー座まちなかパフォーマンスプロジェクトの林月子代表も観に来てたので、出演者の方全員と一緒にパチリ

いちばん右端が林月子さん(まるで出演者のよう?!)

 今回ご出演の俳優の一人、篠山美咲さんは、「たまプラー座まちなかパフォーマンスプロジェクト」で活動されているそうです。

まちでの「育ちあい」をテーマに活動している月子さんに会うなんてビックリ!俳優の篠山さんもご一緒にパチリ

わがまちの小劇場「無名塾・仲代劇堂」ぜひ、行ってみてください!今回逃すと、次は6月まで観られませんよ。

オマケ:とっても素敵ないちにちの終わり。ありがとうございました。(動きすぎ)

 

名称
無名塾 仲代劇堂
所在地
世田谷区岡本1-6-2

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。
リニューアル前の旧コラム(2019年2月まで)はこちらから読めます