4/21(火)22(水)国立成育医療研究センターで予約制献血会 輸血の安定供給への協力を再度呼び掛け

 国立成育医療研究センター」(世田谷区大蔵2)は4月21日(火)22日(水)、予約制で献血会を実施します。定員は1日126人(先着順)。予約申し込みの締め切りは17日(金)15時です。

 4月10日(金)に実施した緊急献血会では、想定以上の人々が集まり、同センターは急遽献血バスの追加を要請するなどの対応を行いましたが、採血のキャパシティーを超えたため近隣の献血センターなどへの来場を案内しました。

関連記事:

「医療の継続に輸血は不可欠」国立成育医療研究センターの緊急献血会、想定上回る採血に謝意

4/10(金)国立成育医療研究センターで献血会を緊急開催、輸血用血液不足の事態受け

 国立成育医療研究センター企画戦略局広報企画室の近藤留衣さんは「多くの方々が参加くださり、ありがたい限りだったのですが、長い間お待たせしたこと、また、お断りすることになってしまったことを申し訳なく思っています」と話し、「皆さまの善意にお応えするためにも、また、血液は長期保存ができない観点からも、再度献血会を行わせていただくことにいたしました」と、改めて医療の継続のために輸血の協力を呼び掛けています。

 今回は前回のような混雑を回避するための対応として、21日と22日共に12時~16時までの間で30分刻みの枠を設け、各枠14人の予約制(先着順)。

 予約は、専用の申し込みサイトで受け付けます。申し込みは17日15時まで。ただし、定員に達し次第、募集は締め切られます。献血可否は献血会の前日20日にメールでの連絡がくるそうです。

 なお、日本赤十字社東京都赤十字血液センターでは、公式サイト内で「献血者の健康を守り、また輸血を受けられる方の安全性を高めるための基準や、献血をご遠慮いただく場合」などについて紹介しています(献血いただく方へ)。事前のご確認をおすすめいたします。

国立成育医療センター北玄関前で開催される「献血会」の様子

名称
国立成育医療センター北玄関前
所在地
東京都世田谷区大蔵2-10-1

この記事を書いた人

こばなお

こばなお

futakoloco 編集長。ロコカタリスト(触媒)。玉川町会100年懇話会事務局担当/二子玉川エリアマネジメンツ かわのまちアクション担当。あと公民連携分野の記者をぼちぼち。二子玉川カヌー部部員。

多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住15年。座右の銘は名前のごとく”straight from the gut”。


(旧) コラムの一覧はこちらのリンクをクリック