花さんぽ♯83 かわべ農園のお花たち

きのうのおてんとうさんはどこにいったんだ、というくらいまた雨が降っています。

きのうはあんなに晴れてたのにね。

きのうかわべ農園でみあげた空

農園のあちこちにお花が咲いていました。

これは、こまつなの花。葉っぱはくるんとまいていて、私には、アブラナと見分けがつかないケド、このあいだまで小松菜だった。
エンドウ豆

これなんだっけ?それはシャガです。

シャガの前にうずくまっているポンちゃん。いったい何をしているの?

スケッチしていたのでした。

どんな仕上がりになるのかな~
農園のあちこちでスケッチしてた
帰りに少し、お花を摘んで帰ろうと。これはハナニナと思って切ったんだけど、なんか帰ってよくみたら、違う感じ・・。
どうも、よくみたら、花弁の中にもうひとつの花。いろいろ調べたら、「オオアマナ」という花みたい
もう一種「ヒメウツギ」という可憐な花を切って連れて帰りました。帰って調べたら、日本固有の種だそうです。「ウツギ」は「空木」とも「卯木」とも書くそうで、幹の中が空洞だから「空木」、卯月に咲くから「卯木」だそうです。どっちにしても、なんだか素敵な名前だな。

名称
みんなの畑・かわべ農園
所在地
世田谷区鎌田3丁目20

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。
リニューアル前の旧コラム(2019年2月まで)はこちらから読めます