鉄腕アトム@Futako Fun Base、コロナを鎮める「地球最大の冒険」からのインスパイア

 二子玉川エリアマネジメンツの情報・交流拠点「Futako Fun Base」(FFB)で現在、鉄腕アトム像が飾られています。

FFB入口の様子(11月11日)

 マスキングテープで彩られたこの鉄腕アトム像は、ハート作家の西村公一氏が制作しました。10月4日から11月8日の期間、二子玉川商店街で開催されていた「フタコハートストリート7」のPR部長として、二子玉川西地区ふれあい広場前の植栽に飾られていました。夜には胸のハートがうっすらと灯され、家路につく多くの人の心をほっこりと癒していたことでしょう。

 イベントの終了に伴い、二子玉川駅前ロータリーに面し、バスを待つ方など多くの人の往来があるFFBでお預かりし、ショーウインドーへ飾ることで、引き続き人々の心の安らぎになっていただけたら…というお願いに、西村さんが応えてくださり、お預かりすることになりました!ご厚意に応えるべく、毎日大切にお手入れしたいと思います。

 ところでこの鉄腕アトムくん。よく見かけるお目めパッチリのお顔と異なり、目を閉じてピースフルな表情を浮かべています。

 生みの親・西村博士に伺ったところ、これは鉄腕アトムのアニメ版最終回「地球最大の冒険」からインスパイアされたもの、とのこと。

 アトムは地球を救うために太陽コロナの活動を抑えるための核融合措置装置を抱えて太陽へと突入します。アニメではその最後については描かれていませんが、FFBの鉄腕アトムは、その役目を果たした後に宇宙を漂う、穏やかな心境のアトムを表現しているのだそうです。世相にオーバーラップしてしまいますね。

 なお、このアトムは2019年手塚治虫生誕90周年企画として、手塚プロダクションと中目黒MDPギャラリーの企画展示に出展したもの。その後、作品の権利が西村氏に帰属したことから、様々な場所で展示され、二子玉川に辿り着きました。

 二子玉川エリアマネジメンツは去る9月18日から20日の3日間、青の光で介護・医療従事者などエッセンシャルワーカーへの感謝と祈りを表現した「Futako Tamagawa Light It Blue Park」を開催しましたが、引き続き、新型コロナウイルス感染症の予防対策に細心の注意を払いながら、二子玉川の街で人々の交流の機会と場を作っていきたいと思います。

 ぜひFFBの鉄腕アトムくんに会いに来てください。インスタグラムやSNSでのシェア、大歓迎です。

名称
Futako Fun Base(二子玉川エリアマネジメンツ)
所在地
世田谷区玉川2-21-1

この記事を書いた人

二子玉川エリアマネジメンツ

二子玉川エリアマネジメンツ

二子玉川における持続的なまちづくり活動を進めるエリアメネジメント団体。構成会員は、玉川町会、東神開発、東急。アドバイザーに世田谷区。2019年1月に一般社団法人化、2020年2月に世田谷区初の都市再生推進法人の指定を受けました。

リアルでの活動拠点は「Futako Fun Base」(二子玉川ライズS.C.タウンフロント1階)。二子玉川地域に関わる皆さまやまちづくり活動に興味がある方々にとって、たくさんの楽しさや仲間(Fun&Fan)が生まれるような拠点や土台(Base)を目指しています!