せたがや動画「ちいさな生きもののくらし~公園で観察してみよう!」

この動画は、子どもたちに街の身近な自然の中で「自分のフィールド」を見つけ、足元に生きる「小さな生きもの」たちのくらしに触れることで、自分のくらしている環境について考えてもらえたらいいな、という思いで制作しました。

「せたがや動画」世田谷区オフィシャルチャンネル(YouTube)に、冬休みになる子どもたち、ご家庭ですごすみなさんにオススメしたい動画が公開されました。

ちいさな生きもののくらし~公園で観察してみよう

この動画の舞台は、私たちのまちのみどり豊かな公園「岡本公園」「瀬田四丁目旧小坂緑地」です。

今年は、新型コロナウィルスの出現により、さまざまな変化がありました。世田谷区が毎年、小学校に講師を派遣している「みどりの出前講座」も、講師の派遣を断念。校外学習は減り、近年推進されてきた「アクティブラーニング」の機会が失われています。

遠くの森や川に出かけて行かなくても、家の近くで、いろいろな生きものや自然に出会うことができます。

 

自分で「ここだ」という好きな場所を見つけて、何度も行ってみてください

観察おにいさんと観察おねえさんの優しい語り口、美しい映像、楽しい音楽にのせた「ちいさな生きもののくらし」。ぜひ、お子さんだけでなく、大人の方にも見てほしいと思います。

動画の内容をコンパクトにまとめた、動画ガイドもダウンロードできます。

ちいさな生きもののくらし動画ガイド

A4の用紙に表裏印刷をして、半分に折ると、A5判のガイドブックになります。中面には、動画にでてくる「ちいさな生きもののくらし」を掲載しています。

ハラビロカマキリ

名称
瀬田四丁目旧小坂緑地
所在地
世田谷区瀬田4-41-21

この記事を書いた人

ゆか

ゆか

サラリーマン時代に東急ハンズ玉川店、玉川高島屋を担当し、ここいら辺が気に入って移住。岡本の坂下に住み、母となり産んだ子どもたちはもうオトナ。2005年から鎌田で子どものアトリエを始め、2016年に大蔵5丁目「ゆいまあると3つの磁石」に引っ越し「子どものアトリエ」「映画とキャラメル」など、よくわからないことを展開中。NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク事務局。