【二子玉川 水辺まちづくりレポート】⑤兵庫島公園にトイレ増設、全4基に―幼児・高齢者・障がい者が使いやすい広めスペースを確保

 世田谷区の都市再生推進法人である(一社)二子玉川エリアマネジメンツは、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所および世田谷区と連携し、地域の自然資産であり、人々の大切な憩いの場である多摩川の治水対策に伴う工事状況などについて、「二子玉川 水辺まちづくりレポート」で地域の方々へ正確な情報をタイムリーに紹介しています。(過去のレポートはこちら

 第5回は、多摩川河川敷の兵庫島公園内の公衆トイレについて、お知らせします。

 当連載レポート②でお知らせした通り、兵庫島公園内のトイレは2019年10月の台風19号の被害を受けて使用できない状況が続いていましたが、2020年12月26日から、新二子橋下に簡易トイレ(3基)が新設されました。

簡易トイレの位置

 今回同所に増設されたトイレ1基は、2月12日より利用が可能になりました。先に設置された男女兼用簡易水洗(汲み取り式)トイレ3基とは外観も異なり、2ブースが連結されています。

4基目(一番左)が増設された兵庫島公園内の簡易トイレ(2月12日撮影)

 玉川公園管理事務所によると、このトイレは「付き添いの方とご利用される方(幼児、高齢者、障がい者など)に使いやすいスペースを確保したもの」。実際に中を拝見すると、確かに広く、荷物をかけるフックや棚などのほか、洗浄音機や消毒液BOXなども備え付けられています。なんといっても一番のトピックは、手洗い水栓付きの洗面台でしょうか。タンク式なので、水の残量などがわかりますから、次に使う人への配慮もしやすいかも?

 兵庫島公園内への給排水ルートの復旧と再整備にはまだ時間がかかりそうですので、トイレ内にこのような手洗いが設置されたのはとてもうれしいこと。きれいに大切に利用したいですね。

トイレ内部(2月12日撮影)
トイレ内部(2月12日撮影)
トイレ内部・水栓付き洗面台はうれしい!(2月12日撮影)

 

名称
二子玉川兵庫島公園
所在地
世田谷区玉川3-2-1

この記事を書いた人

二子玉川エリアマネジメンツ

二子玉川エリアマネジメンツ

二子玉川における持続的なまちづくり活動を進めるエリアメネジメント団体。構成会員は、玉川町会、東神開発、東急。アドバイザーに世田谷区。2019年1月に一般社団法人化、2020年2月に世田谷区初の都市再生推進法人の指定を受けました。

リアルでの活動拠点は「Futako Fun Base」(二子玉川ライズS.C.タウンフロント1階)。二子玉川地域に関わる皆さまやまちづくり活動に興味がある方々にとって、たくさんの楽しさや仲間(Fun&Fan)が生まれるような拠点や土台(Base)を目指しています!