【futakoloco特典・入場割引画像付き】静嘉堂文庫美術館で『あこがれの明清絵画』展

 二子玉川エリアの豊かな自然環境の中核をなす岡本・静嘉堂緑地。多摩川を見渡す国分寺崖線の上に位置しています。敷地内には湧き水があり、水生物や鳥、時には狸などさまざまな生き物の姿を朝晩の散歩で見かけることができる、地域の人々にとってもオアシスでもあります。

 紅葉の美しいこの時期、静嘉堂文庫美術館では10月28日から『あこがれの明清絵画〜日本が愛した中国絵画の名品たち〜』がスタート。深遠な山水から愛らしい猫まで多様な様相をみせる中国・明清時代(1368~1912)の絵画は、江戸時代以降の日本でも多くの画家たちの憧れの的だったそう。静嘉堂の明清絵画コレクションは、質量ともに国内有数のコレクションとして知られていますが、本展ではその中から、日本の画家に多大な影響を与えた沈南蘋(しんなんぴん)の代表作をはじめ、日本が愛した中国絵画の名品を精選し展示されます。

▶️10月27日(金)に行われたメディア向け内覧会では、同館の河野元昭館長自ら展示解説ツアーを決行。日本の美術史学者の河野館長ならではの「饒舌な」ガイドで参加者を大いに沸かせていました(河野館長の人気ブログ「饒舌館長」はこちら)

▶️同展の見所は掲載のフライヤー画像をご参照いただくとして、二子玉川のまちメディアであるfutakolocoへのコメントを河野館長より特別にお寄せいただきましたのでご紹介します;


静嘉堂文庫は、地域の皆さまにもっと足を運んでいただける場所でありたいと思っています。企画展の内容にピンと来なくても、まずは庭園を散策し、四季折々のさまざまな樹木や花々の姿を愛でに来ていただくだけで構いません。ぜひお気軽にいらしてください。


▶️なお、当記事にはfutakolocoだけの特典【入場割引券(画像)】を掲載しています。こちらの画像をスマートフォン画面で同館受付へご提示いただくか、プリントアウトしてご提出いただくと一般入館料1,000円が800円(ご同伴者1名さままで)でご観覧いただけます。

▶️開催概要(詳細はこちら
会期:2017年10月28日(土)~12月17日(日)
休館日:月曜日
開館時間:午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)
入館料:一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
※団体割引は20名以上 ※リピーター割引:会期中に本展示の入館券をご提示いただけますと、2回目以降は200円引きとなります。
※futakoloco特別割引券をご利用の場合のみ一般入館料800円(ご同伴者1名さままで)

▶️futakoloco過去関連記事
【レポート】静嘉堂文庫美術館『珠玉の香合香炉展』8/13(日)まで
【特典割引券画像付き】静嘉堂文庫美術館で「~かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展」

静嘉堂文庫美術館『あこがれの明清絵画〜日本が愛した中国絵画の名品たち〜』フライヤー(表)
静嘉堂文庫美術館『あこがれの明清絵画〜日本が愛した中国絵画の名品たち〜』フライヤー(裏)
futakoloco特典【静嘉堂文庫美術館入館割引券】この画像を受付で提示していただくか、プリントアウトしてお使いいただけます
「饒舌館長」がfutakoloco 読者へ一押しする「ボタニカルアート」作品
名称
静嘉堂文庫美術館
所在地
東京都世田谷区岡本2-23-1

投稿者: こばなお

二子玉川まちメディア「futakoloco 」編集長。玉川町会事務局職員。二子玉川カヌー部部員。多摩川流域生まれ&育ち。二子玉川エリアには在住14年。座右の銘は名前の通り”straight from the gut”。2018年は「二子玉川列伝」の執筆に取りかかります!